日本人の死亡率は減少傾向 厚労省の年齢調整死亡率調査
2012.03.02
 日本人の死亡率は男女ともに減少傾向が続いていることが、厚生労働省の「都道府県別年齢調整死亡率」調査で分かった。厚労省では「医療の進歩の影響が大きい。特に死亡率の高い脳血管疾患が改善してきた」と分析している。

 年齢調整死亡率は、各都道府県の高齢者割合の違いを調整して計算した人口10万人当たりの死亡数。2010年は、全国平均で男性544.3人、女性274.9人で、前回(2005年)に比べそれぞれ48.9ポイント、23.7ポイント低下した。

 男性の年齢調整死亡率を都道府県別にみると、低い都道府県は長野(477.3人)、滋賀(496.4人)、福井(499.9人)、熊本(508.2人)、京都(512.2人)、高い都道府県は青森(662.4人)、秋田(613.5人)、岩手(590.1人)、和歌山(576.9人)、大阪(576.7人)だった。

 女性の年齢調整死亡率を都道府県別にみると、低い都道府県は長野(248 8人)、新潟(254.6人)、島根(254.7人)、福井(255.2人)、大分(255.6人)、高い都道府県は青森(304.3人)、栃木(295.7人)、和歌山(294.5人)、大阪(289.9人)、茨城(289.1人)だった。

 2005年と2010年の年齢調整死亡率を比較すると、男女ともにほぼ全都道府県で低下しているが、都道府県別の傾向に大きな変化はない。男性は長野が両年とももっとも低く、青森は両年とももっとも高くなっている。また、女性は長野、新潟、島根が両年とも低く、青森、栃木、大阪、和歌山が両年とも高くなっている。

 長野の死亡率が低い理由を、同省は「地域の保健師らによる食生活改善の促進や、予防対策への取り組みが熱心なのでは」と指摘。東北地方で高い地域が目立つのは「塩分の過剰摂取などの食生活や運動不足、喫煙といった生活習慣などが要因が考えられる」としている。

 以前は西日本に年齢調整死亡率の低い都道府県が多く、東日本に高い都道府県が多くなっていたが、近年は年齢調整死亡率の全国的な低下にともなって、地域差は小さくなってきている。厚労省は要因を「東高西低傾向のある脳血管疾患の死亡率が、全国的に大幅に低下し、差が小さくなってきている」と分析している。

 三大死因(がん、心疾患、脳血管疾患)による死亡の状況をみると、がんは男性182.4人、女性92.2人、心疾患は男性74.2人、女性39.7人、脳血管疾患は男性49.5人、女性26.9人となっている。

 1995年の年齢調整死亡率と比較すると、がんの男性では43.7ポイント、女性では16.1ポイント、心疾患の男性では25.5ポイント、女性では18.7ポイント、脳血管疾患の男性では49.8ポイント、女性では37.1ポイント低下している。

平成22年都道府県別年齢調整死亡率(厚生労働省)

(TERA)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

「東京OSEKKAI化計画」で児童虐待防止(東京都) 2016.11.16
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2017」川柳とイラスト・漫画を募集 2016.11.16
たばこが遺伝子変異の原因に 「1日1箱1年」で肺に150個のDNA変異 2016.11.16
【開催中】ベスト健やか親子21フォトコンテスト2016 2016.11.09
妊娠中のうつリスク 大豆やイソフラボンを摂取すると低下 愛媛大 2016.11.09
世界糖尿病デー(2) テーマは「糖尿病の眼」 糖尿病で失明しないために 2016.11.02
世界糖尿病デー(1) 発症しても2人に1人が健診を受けていない 2016.11.02
フレイルに運動と食事で対策 「サルコペニア肥満」には心のケアも必要 2016.11.01
スローカロリーを楽しく学ぼう! アニメーション動画を公開 2016.10.28
女性ではがん8疾患のうち「乳がん」の医療費が半分以上 早期発見が重要 2016.10.26
ネットの遺伝子検査は信用できるの? 「安易な利用に注意して」と専門家 2016.10.26
【募集中】健やか親子21(第2次)シンボルマークの名称募集! 2016.10.26
【書籍プレゼント】再建は選べる時代に「もっと願いをかなえる乳房再建」 2016.10.19
厚生労働省が「過労死等防止対策白書」を初めて作成 2016.10.19
血糖をはかり、コントロールするために必要なことは 「糖をはかる日」 2016.10.19
秋に気持ちが落ち込む「季節性うつ病」 メンタルを強くする5つの方法 2016.10.13
日本食の理想形は「1975年型」 4週間食べるとどうなる? 東北大 2016.10.13
7割が「健康上の問題」に不安あり 厚労省「高齢社会に関する意識調査」 2016.10.13
ゆっくり消化吸収される糖質 注目される「糖質スローオン」ダイエット 2016.10.04
お酒を飲む人はウォーキングをしよう 飲酒のリスクを運動で帳消しに 2016.10.04
お役立ち・日本の予防接種スケジュール(PDFダウンロード) 2016.09.23
アルコール依存症 医療機関以外の相談先を知らない人がほとんど 2016.09.21
医療費が41兆円に増加 13年連続で過去最高 高額な医薬品が登場 2016.09.21
日本の喫煙対策は遅れている 屋内では100%禁煙に たばこ白書を改定 2016.09.21
「10月8日は、糖をはかる日」の公式サイトを公開 糖尿病治療研究会 2016.09.16
賞金5万円!血糖値アップ・ダウン コンテスト 10月8日糖をはかる日 2016.09.14
【参加者募集】10月8日「糖をはかる日」制定記念講演会 2016.09.14
「10月8日は、糖をはかる日」糖尿病治療研究会が制定 2016.09.14
どんな場合に、どう呼べばいいの?もしもの時の救急車利用法(内閣府) 2016.09.09
低カロリーレストランと宅配治療食サービスで美味しさと健康を探求 2016.09.08
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら