エクアドルのFUVIDA糖尿病サマーキャンプにご支援ください IDAF
2012年3月16日 19:44
南米のエクアドル共和国は、国民1人あたりの平均年収が約1,440USドル(約12万円)であり、人口の約4割が貧困層に属しています。そのしわ寄せは、糖尿病患者さんに及んでおり、多くの患者さんが、糖尿病について十分な治療や教育を受けることができずにいます。


アラセリー・バスルト・カルデロン代表(写真:左)。娘のアンドレアさん(写真:右)も1型糖尿病患者です。


2011年のキャンプの様子 ⇒

 エクアドルでは、既に糖尿病患者の全面的な予防、保護、治療の法案が認可されていますが、2012年3月15日現在でも施行されておらず、患者さんはもとより、医師・看護師・医療関係者にいたっても、糖尿病に関する正しい知識がないために、多くの患者さんが命を落としています。また、エクアドル保健省から糖尿病患者さんへの支援が十分でないために、療養に必要な物資も不足していおり、経済的な問題から治療もままならないのが現状です。

 小児糖尿病患者さんを支援するエクアドルの団体FUVIDA(Fundacion Aprendiendo Vivir con Diabetes)は、「インスリン・フォー・ライフ」(IFL)のオーストラリア本部とカナダ支部から支援されるインスリンや血糖測定器などを患者さんへ配布したり、サマーキャンプ等で使用しています。また、サマーキャンプ「Doluces Amigos」では、医学生や医療スタッフ、糖尿病患者さんとその家族を対象に、糖尿病に関する勉強会も実施しています。

 1人でも多くの患者さんに、糖尿病に対する治療や合併症など、適切な知識を持ってもらうことを目的に、FUVIDAが毎年開催しているサマーキャンプ「Doluces Amigos」には、IFLオーストラリアを通じて、国際糖尿病支援基金も支援に加わっています。
 2011年エクアドルのFUVIDA糖尿病サマーキャンプ報告 ⇒

 今年(2012年)も、7月25日〜29日の5日間、開催を予定していますが、資金面等で開催が危ぶまれています。FUVIDA代表のアラセリー・バスルト・カルデロン氏がキャンプ開催のために各方面で募金活動を行っており、ぜひ、日本からも支援を行いたいと考えております。

 皆様の暖かいご支援により、FUVIDAのサマーキャンプ開催にご協力をいただけますと幸いです。

 支援金の宛先は以下です。  

 FUVIDAのサマーキャンプ活動にご賛同いただき、御参加いただける方は、下記口座(郵便局)までお振込み頂きますようお願い申し上げます。

 御協力頂きました方は、支援者としてこのホームページ上の「支援者名」のコーナーでお名前を発表させて頂きますが、本名での発表をご希望でない方は、振替用紙(郵便局)の通信欄にご希望のお名前をご記入ください。

振込口座(郵便局):
口座番号:00160−3−82542
加入者名:国際糖尿病支援基金口
※通信欄へ「FUVIDAサマーキャンプ支援」とお書き頂きますようお願い致します。

関連記事
2011年エクアドルのFUVIDA糖尿病サマーキャンプの報告
エクアドルの糖尿病キャンプ「Fundación Aprendiendo a Vivir con Diabetes FUVIDA)」発足と経緯
エクアドルにおける糖尿病を取り巻く現状
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護 2018.10.03
サッカーで糖尿病を予防 サッカーは骨を丈夫にできる最適な運動 2018.10.02
加齢や健康について周囲に話せるシニアは「幸せ度」が高い 意識調査 2018.10.02
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大 2018.10.02
【9/10〜9/16は自殺予防週間】SNS(LINE・チャット)相談できます! 2018.09.13
「ミドリムシ」の成分が血糖値の上昇を抑制 期待できる健康効果 2018.09.13
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動 2018.09.06
「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか? 2018.08.30
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催 2018.08.30
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作 2018.08.30
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要 2018.08.24
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に 2018.08.07
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く 2018.08.07
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半 2018.07.20
【健やか21】避難所生活で健康に過ごすための注意点(厚労省) 2018.07.20
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護 2018.07.20
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール 2018.07.17
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に 2018.07.17
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を 2018.07.17
「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響 2018.06.28
作りおきに「食中毒」リスク 冷蔵庫保管でも「においで判断」はNG 2018.06.28
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる 2018.06.06
「ミドリムシ」からメタボを改善する成分 「痩せるホルモン」を促進 2018.06.06
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化 2018.05.02
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を 2018.05.02
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋" 2018.05.02
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明 2018.04.27
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
日本臨床内科医会プロジェクト
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら