毎日の運動が体力低下を抑制 簡単な運動テストで体力チェック
2014年6月10日 13:47
 体が老化すると体力は自然に低下していくが、ふだんの生活で運動や身体活動を増やすことで、体力低下を防ぐことができる。50歳を過ぎた人が3種類の運動テストを行うことで、死亡リスクを知ることができるという研究が発表された。

 老化は現実に避けられないものであり、加齢に伴い体の機能が徐々に低下するのは、やむをえない。しかし、老化の進み方は1人ひとりで異なる。健康度・老化度を示す指標である「活力年齢」は、生活習慣を改善すれば若返らせることができる。

 同じ60歳の人でも、ある人の活力年齢は68歳、別の人の活力年齢は48歳と、20歳もの個人差がみられることは珍しくない。

 活力年齢を向上するために確実な方法は、ふだんから運動をすることだ。毎日体をよく動かせば、体力低下の度合いを小さくすることができる。

3つの簡単な運動テストで死亡リスクを判定
 もしあなたが、椅子から元気良く立ち上がれて、誰かと力強く握手することができ、目を閉じた状態で片足立ちを30秒間できるのなら、あなたの主治医は良い知らせを伝えてくれるかもしれない。これらの条件を満たしている人は死亡リスクが低いことが明らかになった。

 3つの簡単な運動テストを行うことで、どれだけ長く健康な生活をおくれるかが分かるという調査結果を、英ユニバーシティ カレッジ ロンドンの研究者が発表した。

 その3種類の運動テストとは、(1)握手を力強くできる、(2)椅子から立ち上がるのが早い、(3)目を閉じて片足立ちをした状態で、長くバランスを保てる、というものだ。

 もしもあなたが3つの運動テストをうまくこなせるななら、健康な生活を長くおくれる可能性が高い。

 反対に、握手の力が弱く、椅子から立ち上がるのが難しく、体のバランスをとるのが難しいのであれば、年齢が進むと死亡リスクは上昇する。

 研究チームは、1946年生まれの男女約2,800人(男性 1,355人、女性 1,411人)を対象に調査を行った。53歳の時点で握力、椅子からの立ち上がり速度、立位バランス保持時間を測定し、その後66歳になるまでの13年間追跡した調査した。

 期間中に177人が死亡したが、運動機能がもっとも低かった下位5分の1のグループは、もっとも高かった上位5分の1のグループに比べて、全死因による死亡リスクが高かった。

 特に、運動テストをすべてできなかったグループでは、すべて実行できたグループに比べ、死亡リスクは12倍に上昇した。

 運動の効果は脳にも及ぶ。過去に行われた研究では、歩行速度が平均より遅いと、認知症を発症する可能性が高まることが示された。別の研究では、運動を続けている人は、脳卒中などによる脳の挫傷の度合いが低いことが確かめられた。

膝の痛みや不安を抱える人でも運動は効果的
 ふだん良く運動する人は、運動しない人に比べ、体力(特に持久力)が優れている。もっと積極的に運動することで、年齢よりも高い水準を保てることも可能だ。

 掃除機をかけたり、ショッピングカートを押したりといった日常の身体活動は、腰や膝に不安のある人や、膝関節症のある人では負担になる。

 そうした人でも、運動や身体活動を毎日続けていれば、障害があらわれるリスクを減らすことができるという研究が発表された。

 米ノースウェスタン大学医学部のドロシー ダンロップ氏らは、肥満などが原因で「変形性膝関節症」などを発症し、障害を発症するリスクの高い45〜79歳の男女約1,700人を対象に調査を行った。

 変形性膝関節症があると、着替え・入浴・部屋の中を歩く、電話をかける・食料品の買い物・お金の管理など、自立した生活を送ったり、生活の質を保つために必要な活動が難しくなる。

 参加者に、起きている間に活動量計を腰に装着してもらい、身体活動の量と強さを1週間かけて測定した。さらに2年後に、障害の発症について質問した。

 その結果、中等度・強度の運動時間が多かった人ほど、障害の報告は少ないことが判明した。また、軽度の活動時間が多くなると、障害が少なくなっていた。

 軽度の身体的な活動を1日あたり4時間以上行っている人は、3時間しかしていない人に比べ、障害を発症するリスクが30%以上も低かった。

 「健康上の理由で身体活動の強度を上げることのできない人でも、軽度な身体活動を行う時間を増やすだけで、障害の軽減につながります」と、ダンロップ氏は述べている。

 日常生活の中に軽い運動を取り入れることによって、体は丈夫になり、転倒予防に効果的な足・腰・腹部の筋力アップやバランス能力、歩行能力が改善される。それによって、日常生活の活動範囲が広がり、生活機能が高まる。

 「年齢や体力水準、健康状態などに応じて、無理のない範囲内で良いので、日常的な運動を続けることが大事です」と、強調している。

Simple tests of physical capability in midlife linked with survival(ブリティッシュ メディカル ジャーナル 2014年4月29日)
Light Activity Every Day Keeps Disability at Bay(ノースウェスタン大学 2014年4月30日)

© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護 2018.10.03
サッカーで糖尿病を予防 サッカーは骨を丈夫にできる最適な運動 2018.10.02
加齢や健康について周囲に話せるシニアは「幸せ度」が高い 意識調査 2018.10.02
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大 2018.10.02
【9/10〜9/16は自殺予防週間】SNS(LINE・チャット)相談できます! 2018.09.13
「ミドリムシ」の成分が血糖値の上昇を抑制 期待できる健康効果 2018.09.13
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動 2018.09.06
「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか? 2018.08.30
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催 2018.08.30
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作 2018.08.30
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要 2018.08.24
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に 2018.08.07
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く 2018.08.07
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半 2018.07.20
【健やか21】避難所生活で健康に過ごすための注意点(厚労省) 2018.07.20
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護 2018.07.20
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール 2018.07.17
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に 2018.07.17
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を 2018.07.17
「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響 2018.06.28
作りおきに「食中毒」リスク 冷蔵庫保管でも「においで判断」はNG 2018.06.28
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる 2018.06.06
「ミドリムシ」からメタボを改善する成分 「痩せるホルモン」を促進 2018.06.06
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化 2018.05.02
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を 2018.05.02
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋" 2018.05.02
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明 2018.04.27
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
日本臨床内科医会プロジェクト
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら