2014年フィリピンの糖尿病キャンプ報告 国際糖尿病支援基金
2014年6月11日 10:23

 オーストラリアで途上国の糖尿病患者さんを支援するインスリン・フォー・ライフ(IFL)のスタッフが2014年5月に行われたフィリピンの糖尿病サマーキャンプに参加しました。

 IFLスタッフのニール・ドナラン氏より、レポートが届きましたので、ご紹介いたします。

 国際糖尿病支援基金はこの活動に賛同し、インスリン・フォー・ライフ(IFL)を支援しています。

 2014年5月12日から14日に、フィリピンセブ市において、インスリン・フォー・ライフ(IFL)の支援により「サンシャインサマーキャンプが行われ、大成功を収めました。この糖尿病サマーキャンプには5歳から22歳の30名の糖尿病患者さんが参加しました。

 このキャンプを通じて、参加者とその家族は、糖尿病について学び、最も大切なものであるインスリンを十分に得ることが出来ました。 究極的に言えば、我々は小児糖尿病患者さんとその両親(両親については、キャンプ地までの旅費が負担できる方のみ参加が認められました。)に未来に対する希望を与えることができました。

 キャンプが行われている間は、参加者の血糖値を「mg/ dl」単位で測定しました(注:IFL本部があるオーストラリアでは「?/mol」単位が一般的です)。この間行われた糖尿病教育によって、多くの患者さんに血糖値の改善が見られたことは本当に素晴らしかったです。


写真1:キャンプ前半、この少年の血糖値は472?/dlもありました。

写真2:キャンプの様子。IFLはインスリン等の物資を支援しました。

 ここに一人の少年(写真1)がいますが、キャンプの前半、彼を含め大半の子供たちの血糖値が472?/dlでした。この血糖値は死刑宣告のようなものです。もし、写真の彼が毎日血糖値をコントロールすることができるのであれば、“死刑宣告”は撤回され糖尿病で命を落とすこともありません。

 標準的な血糖値は 102-110mg/dl であり、糖尿病患者でなければ125mg/ dlより上昇することはありません。しかし、キャンプが終わるころには、参加者の血糖値は日に日に標準値に近づいていき200mg/dl前半になっていました。

 また我々は、いつものことながら、想像を超える悲惨な話をたくさん聞きました。例えば、ある参加者の母親が経済的な事情でインスリンを買うお金が無く、娘に投与するインスリンをかなり制限しなければならなかったために成長が遅れてしまい、現在13歳という娘は、どうみても8歳くらいにしか見えませんでした。経済的な困窮のために、今も母親が娘のインスリンを入手するために、セブにある病院までの高い旅費が工面できない状態なのです。

 フィリピンの糖尿病の子供たちが、合併症などで1年以内に命を落としてしまうのが現状です。この子供たちが治療を継続的に受けることで、せめて50歳代まで生きることを望んでいます。このキャンプに参加した子供たちが、来年のキャンプまで何人元気で過ごすことが出来るのかが心配です。

 フィリピン南部でIFLと共に糖尿病の患者さんを支援する「スイートアラート」は、幼くして糖尿病を発症し、子供たちの落とす必要のない命を救うために立ち上がった患者の母親たちが結束した団体です。スイートアラートは、フィリピンの若者たちが手遅れになることなく、早期に適切な治療を受けられることを目指し、スクリーニングを実施していますが、この若者たちを支援しながら活動を進めて行くことは、集約的で骨の折れる仕事です。IFLはスイートアラートが発展し、数多くのキャンプを主催できるよう、懸命に支援しています。

 興味深いことに、このキャンプに参加した多くの糖尿病患者さんが、将来、医療で糖尿病に携わりたいという夢を持っていることを知りました。生命の輪に好循環が生まれます。



謝 辞

 アーミ・ロペス・ガルシア氏とマリアン・デノポール医師が先導する形で発足したスイートアラート協会とセブ支部、このキャンプを実現させて下さった 国際若年性糖尿病財団(JDRF)、フィリピン保健省に感謝いたします。

 僅か5歳の小さな糖尿病の子供が、このキャンプで学ぶことが自らの命を左右することを理解し、気温40度にもなる中で、一日中じっと座って集中していた姿を見て、我々全員が、その健気な姿に驚くと同時に謙虚な気持ちを抱かざるを得ませんでした。

我々IFLはフィリピンをはじめ、若い糖尿病患者さんの生命を救うために、懸命に支援活動を行っています。途上国の糖尿病患者さんを支援するためにIFLへのご寄付をお願いします。

IFL オーストラリア & グローバル
ニール・ドネラン

翻訳協力:浅野優子 様

【English】 The Sunshine Summer Camp – May 12-14 2014 – Cebu City, Philippines supported by IFL(Neil Donelan)

 国際糖尿病支援基金の活動にご賛同いただき、御参加いただける方は、下記口座(郵便局)までお振込み頂きますようお願い申し上げます。

 御協力頂きました方は、支援者としてこのホームページ上の「支援者名」のコーナーでお名前を発表させて頂きますが、本名での発表をご希望でない方は、振替用紙(郵便局)の通信欄にご希望のお名前をご記入ください。

振込口座(郵便局):
口座番号:00160−3−82542
加入者名:国際糖尿病支援基金口
※通信欄へ「フィリピンの糖尿病患者さん支援」とお書き頂きますようお願い致します。

関連情報
国際糖尿病支援基金
フィリピンの糖尿病事情について(インスリン・フォー・ライフからのレポート)
インスリン・フォー・ライフ被災したフィリピンの糖尿病患者さんへのご支援をお願いします。
インスリン・フォー・ライフ(IFL)オーストラリア

© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護 2018.10.03
サッカーで糖尿病を予防 サッカーは骨を丈夫にできる最適な運動 2018.10.02
加齢や健康について周囲に話せるシニアは「幸せ度」が高い 意識調査 2018.10.02
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大 2018.10.02
【9/10〜9/16は自殺予防週間】SNS(LINE・チャット)相談できます! 2018.09.13
「ミドリムシ」の成分が血糖値の上昇を抑制 期待できる健康効果 2018.09.13
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動 2018.09.06
「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか? 2018.08.30
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催 2018.08.30
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作 2018.08.30
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要 2018.08.24
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に 2018.08.07
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く 2018.08.07
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半 2018.07.20
【健やか21】避難所生活で健康に過ごすための注意点(厚労省) 2018.07.20
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護 2018.07.20
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール 2018.07.17
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に 2018.07.17
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を 2018.07.17
「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響 2018.06.28
作りおきに「食中毒」リスク 冷蔵庫保管でも「においで判断」はNG 2018.06.28
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる 2018.06.06
「ミドリムシ」からメタボを改善する成分 「痩せるホルモン」を促進 2018.06.06
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化 2018.05.02
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を 2018.05.02
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋" 2018.05.02
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明 2018.04.27
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
日本臨床内科医会プロジェクト
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら