アジアの伝統的な食事スタイルが糖尿病の予防に効果的 体重も減少
2014年12月 5日 17:49
 アジアでの2型糖尿病の増加の一因は食事の欧米化だ。伝統的なアジア式の食事をとっている人は、体重が減少し、インスリン抵抗性が改善しやすいことが確かめられた。

 アジアの伝統的な食事スタイルは、高炭水化物、低脂肪で、食物繊維をたっぷりとることが特徴となる。米国のジョスリン糖尿病センターのジョージ キング氏らは、アジア人での2型糖尿病の増加の一因が食事の欧米化であることに着目。アジアの伝統食をとっている人では、体重の増加が少なく、インスリン抵抗性も改善しやすいとの調査結果を「PLOS Medicine」に発表した。
ごはんと野菜中心のおかずがアジアの伝統食
 日本や中国から東アジア地域にかけての地域では、炊いた米(ご飯)を主食とする食事が、伝統的な食事スタイルとして定着している。ご飯とおかずの2つが食事を構成しており、中国やタイ、ジャワなどでも、ご飯とおかずの両方が揃って食事になる。これは稲作民族に共通する伝統的な食事観だ。

 米は、炭水化物に加えてアミノ酸(タンパク質)も含まれる、栄養バランスの良い食品だ。アジアには、肉と油脂を料理に使わない地域が多く、魚も沿岸部を除く地域では不足するので、おかずは野菜が中心に構成されてきた。

 そこで、発達したのが「だし」を「うま味」として野菜に加える方法だ。日本では昆布や鰹節がだしとして使われ、大豆を原料とする味噌、醤油も使われている。タイ、ベトナムからインドシナ半島にかけては魚を原料に発酵させた「醤圏」が主流だ。野菜にうま味を付けて食べる「だしの文化」はアジア全域で共通している。

アジアの伝統食を摂取するとインスリン抵抗性が改善
 研究チームは、2型糖尿病の家族歴や糖尿病の危険因子をもち、正常体重から過体重(BMI 18.5〜27)で、平均年齢が34歳の米国人50人を対象に調査した。50人のうち28人がアジア系、22人が欧州系だった。

 全員にアジア伝統食を8週間摂取してもらい、続く8週間は7人がアジア伝統食を継続し、33人は同じカロリー摂取量の欧米食に切り替えた。ジョスリン糖尿病センターの栄養士が献立を作成し、プロの調理師が調理した食事が、2日ごとに自宅に配送された。

 アジア伝統食は、カロリー摂取量の70%が炭水化物、15%がタンパク質、15%が脂肪で、1,000kcal当たりの食物繊維量が15gだった。一方、欧米食はカロリー摂取量の50%が炭水化物、16%がタンパク質、34%が脂肪で、1,000kcal当たりの食物繊維量が6gだった。

 その結果、アジア系・欧州系米国人ともにアジアの伝統食を摂取した期間は、体重が減少して、インスリン抵抗性が改善したが、欧米食に切り替えるとこれらが増加に転じた。

伝統的な食事スタイルが効果的な戦略に
 「アジアの伝統食を摂取すると、体重が減ることが明らかになりました。一方で、欧米式の食事に切り替えると、ほとんどの人は体重を増やしました。体重が増えすぎないように、対策を講じる必要があったほどです」と、キング氏は言う。

 アジア伝統食をとることで、体重は1.6kg、BMIは0.6、体脂肪率は1.7%、体幹部脂肪率は2.2%、総コレステロールは25.6mg/dL、HDLコレステロールは10.4mg/dL、LDLコレステロールは14.4mg/dL、それぞれ減少した。

 血糖値やインスリン値の上昇の程度を較べる方法にインスリン曲線下面積(AUC)がある。アジア伝統食はAUCが960.2µU/mL・h減少したことも明らかになった。この傾向はアジア系の人で顕著で、AUCは最大で1402.4µU/mL・h減少した。

 アジア人は欧米人に比べ2型糖尿病を発症しやすく、同じ欧米式の食事スタイルを続けていると、2型糖尿病の発症リスクが2倍に上昇することが、過去の研究で確かめられているという。また、世界の2型糖尿病有病者のおよそ半数は南東アジアや西太平洋の地域に集中しており、中国では成人の糖尿病有病率は10%に達した。

 ジョスリン糖尿病センターでは、アジア人向けの健康な生活スタイルをアドバイスする書籍の発行を2015年初めに予定している。「糖尿病を予防・改善するために、アジアの伝統的な食事スタイルを採用することが、効果的な戦略になる可能性があります」と、キング氏は指摘している。

In Joslin Trial, Asian Americans Lower Insulin Resistance on Traditional Diet(ジョスリン糖尿病センター 2014年9月17日)
Improvement of Insulin Sensitivity by Isoenergy High Carbohydrate Traditional Asian Diet: A Randomized Controlled Pilot Feasibility Study(PLOS Medicine 2014年9月16日)

© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護 2018.10.03
サッカーで糖尿病を予防 サッカーは骨を丈夫にできる最適な運動 2018.10.02
加齢や健康について周囲に話せるシニアは「幸せ度」が高い 意識調査 2018.10.02
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大 2018.10.02
【9/10〜9/16は自殺予防週間】SNS(LINE・チャット)相談できます! 2018.09.13
「ミドリムシ」の成分が血糖値の上昇を抑制 期待できる健康効果 2018.09.13
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動 2018.09.06
「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか? 2018.08.30
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催 2018.08.30
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作 2018.08.30
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要 2018.08.24
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に 2018.08.07
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く 2018.08.07
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半 2018.07.20
【健やか21】避難所生活で健康に過ごすための注意点(厚労省) 2018.07.20
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護 2018.07.20
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール 2018.07.17
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に 2018.07.17
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を 2018.07.17
「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響 2018.06.28
作りおきに「食中毒」リスク 冷蔵庫保管でも「においで判断」はNG 2018.06.28
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる 2018.06.06
「ミドリムシ」からメタボを改善する成分 「痩せるホルモン」を促進 2018.06.06
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化 2018.05.02
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を 2018.05.02
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋" 2018.05.02
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明 2018.04.27
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
日本臨床内科医会プロジェクト
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら