夕方や夜に脚の不快感がある? 「むずむず脚症候群」が原因かも
2015年11月12日 10:43
 「むずむず脚症候群」は、足の異常感覚により、足を動かさずにはいられないといった症状が現れ、不眠の原因にもなる病気だ。適切に治療すれば改善できることが分かっている。
夜眠れないのは「むずむず脚症候群」が原因かもしれない
 「むずむず脚症候群」は、その名の通り脚にむずむずするなど不快な症状があらわれ、脚を動かさずにはいられなくなる病気だ。「レストレスレッグス症候群」とも呼ばれ、つらい症状で夜に眠れなくなることが少なくない。

 脚の不快な感覚は、「かゆい」「ほてる」「痛い」「虫が這う」など患者によってさまざまだ。脚をこすり合わせたり、さする、たたく、足踏みをする、ひどい場合は歩き回るといった「脚を動かす」ことで、症状が軽くなったり消失する。その感覚は脚の表面ではなく、奥のほうに感じやすい。

 昼よりも夕方や夜に起こりやすく、じっとしているときに症状が出やすいのが特徴だ。就寝中に症状が出てきて眠れなくなり、日中に強い眠気に襲われるなど、生活の質が下がることが大きな問題となる。

 日本神経治療学会によると、むずむず脚症候群は日本では人口の約2~4%(25?50人に1人)が発症していると推定されており、加齢に伴い40歳代から増加する。

 発症の詳しい仕組みはまだ解明されていないが、特定の原因がない「一次性」と、病気や薬などが原因となる「二次性」に分類される。原因としては、「ドパミン(体の動きに関係する神経伝達物質)の機能が障害されている」「鉄(ドパミンの働きに欠かせない)が不足している」「体質(遺伝性)」などの問題が関係していることが分かっている。

 診察は問診が中心で、医師が症状の強さや頻度、起こる時間帯などを聞いていく。(1)脚に不快感や違和感があり、じっとしていられず脚を動かしたくなる、(2)じっとしている時に症状があらわれる、または強まる、(3)脚を動かすことで症状が軽くなる、(4)方から夜にかけて症状があらわれたり強くなる、という4つの特徴にあてはまると診断される。

 あまり知られていない病気だが、適切な治療を受ければ改善することが多い。気になる症状があるときは、睡眠障害を専門とする医師や神経内科医を受診しよう。

症状が改善しない場合は、医師の診断を受け適切な治療を
 米国のメイヨークリニックの神経学部のマイケル シルバー教授らが約1万8,000人の米国人を対象に行った調査によると、発症初期や軽症の人であれば次のような生活習慣の見直しや工夫を行うことで、症状が改善するという。

・ カフェインを含む飲料やアルコール、たばこは症状を悪化させ、睡眠にも悪影響を及ぼす。とくに夕方以降は、これらを避けるようにする。

・ 適度な運動(ウォーキングやストレッチなど)をする。ただし、就寝前の激しい運動は避けるようにし、運動後は筋肉をマッサージする。

・ 健康的なバランスのとれた食事で、体重を適正にコントロールする。

・ 睡眠障害が起きている場合は、睡眠日記をつけて就寝前後の状態を記録し医師に見せる。

・ 座っているときやじっとしている時には、会話やゲーム、趣味などの自分なりに集中できることを見つけ、症状から注意をそらす工夫をする。

 テネシー大学などが約3,700人の患者を米国とした調査で、むずむず脚症候群を放置しておくと、心臓病や脳卒中、腎臓病の発症率が上昇することが明らかになった。

 研究チームによると、むずむず脚症候群を発症すると睡眠障害を併発することが多く、これが高血圧、糖尿病、心臓病などの発症リスクになっている可能性があるという。

 発症が疑われる場合は、医師の診断を受け、適切な治療を開始することが大切だ。日常生活の工夫で症状が十分改善しない場合、薬物治療によって症状改善を期待できる。

 現在、むずむず脚症候群の症状を和らげる薬はいくつかある。脳内の神経伝達物質であるドパミンを補う働きをする薬(飲み薬と貼り薬がある)や、脳内の痛みを抑える神経の働きを高める薬が治療に使われている。

 むずむず脚症候群の治療は、通常長期にわたる。治療について医師によく相談し、薬を飲みはじめたら薬の飲む量・回数を守り、服薬を勝手に中止しないことが重要だ。

Study ties restless legs syndrome to heart, kidney problems(米国退役軍人省 2015年10月8日)
Restless legs syndrome(メイヨークリニック 2014年12月10日)

© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護 2018.10.03
サッカーで糖尿病を予防 サッカーは骨を丈夫にできる最適な運動 2018.10.02
加齢や健康について周囲に話せるシニアは「幸せ度」が高い 意識調査 2018.10.02
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大 2018.10.02
【9/10〜9/16は自殺予防週間】SNS(LINE・チャット)相談できます! 2018.09.13
「ミドリムシ」の成分が血糖値の上昇を抑制 期待できる健康効果 2018.09.13
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動 2018.09.06
「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか? 2018.08.30
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催 2018.08.30
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作 2018.08.30
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要 2018.08.24
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に 2018.08.07
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く 2018.08.07
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半 2018.07.20
【健やか21】避難所生活で健康に過ごすための注意点(厚労省) 2018.07.20
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護 2018.07.20
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール 2018.07.17
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に 2018.07.17
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を 2018.07.17
「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響 2018.06.28
作りおきに「食中毒」リスク 冷蔵庫保管でも「においで判断」はNG 2018.06.28
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる 2018.06.06
「ミドリムシ」からメタボを改善する成分 「痩せるホルモン」を促進 2018.06.06
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化 2018.05.02
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を 2018.05.02
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋" 2018.05.02
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明 2018.04.27
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
日本臨床内科医会プロジェクト
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら