女性に多い「鉄欠乏性貧血」 女性の半数は鉄欠乏の「隠れ貧血」
2017.03.09
 女性の症状として多いものに貧血がある。貧血の多くは、食事で予防・改善することが可能だが、薬での治療が難しいケースがある。貧血の原因を解明する研究が進められている。
女性に多い「鉄欠乏性貧血」 薬での治療が難しいケースも
 貧血では、体内に十分な酸素がめぐらず、低酸素状態となるため、「軽い動作でも動悸や息切れがする」「疲れやすい」「頭が重い」「集中力がなくなる」などの症状が起こる。

 貧血の中でもっとも頻度が高いのは、体内の鉄が不足して起こる「鉄欠乏性貧血」だ。

 日本人女性ではおよそ10%が「鉄欠乏性貧血」を発症するとされている。女性には妊娠・出産、月経など貧血になりやすい条件が多く揃っている。また、若い女性に多くみられるダイエットや偏食なども貧血を助長している。

 貧血まで至らない鉄欠乏状態(隠れ貧血)まで含めると、月経のある女性の約半数は何らかの鉄欠乏状態にあるともされている。

 赤血球は酸素を体中の細胞へ運ぶ役割を持つ重要な細胞で、体の中でもっとも多い細胞だ。赤血球は体の総細胞数の7割を占め、1日あたり約2,000億個もの赤血球が新しく産生されている。
貧血を予防する食事
 赤血球の中で酸素と結合するのがヘモグロビンという鉄を含むタンパク質で、生体内の鉄の約70%はこの赤血球のヘモグロビン産生に利用されている。

 貧血を予防するために、栄養バランスの良い食事を摂ることが大切だ。特にタンパク質は、血液中の赤血球やヘモグロビンの材料となる大切な栄養素だ。

 鉄分は良質なタンパク質やビタミンCを多く含む食品と一緒に摂取することで、体内への吸収率がアップする。良質のタンパク質を含む食品として、魚介類、肉類、卵、大豆製品、乳製品などがある。毎日の食事に取り入れて食べるようにしたい。

 また、鉄分を十分に摂取することも必要だ。鉄分はレバ?や赤身の肉類、あさり、かき、魚、大豆製品、緑黄色野菜、海藻などに多く含まれている。特に、吸収率の良いヘム鉄は、レバーやマグロやカツオなどの魚類に多く含まれる。

 朝食を食べないなどの偏食や極端なダイエットなどで、鉄分の摂取量は不足しやすい。また女性では、妊娠、出産、授乳期など鉄分の必要量が増加しているときにも不足しやすいので注意が必要だ。
鉄不足による貧血のメカニズムを解明
 鉄欠乏性貧血の治療としては、不足している鉄を効率よく補うために、鉄剤を内服する。しかし、鉄剤の投与によっても改善しない場合がある。

 東北大学の研究チームは、そうした場合の新たな治療の手かがりとなる発見をした。

 貧血の原因は、鉄が欠乏した状態になり、血液中の赤血球の数やヘモグロビンの濃度が低くなることだ。ヘモグロビンは、鉄を含むヘムという赤い色素と、グロビンというタンパク質からできている複合タンパク質だ。

 ヘムとグロビンは、一方が異常に多く産生されると、余った分子が細胞内に蓄積して毒性を生じる。

 研究グループは、鉄欠乏性貧血モデルマウスから採取した赤芽球を使って、網羅的DNAメチル化解析および遺伝子発現解析を実施。その結果、鉄欠乏状態に応じてヘムとグロビンのバランスを遺伝子発現レベルで調整する因子があることを明らかにした。

 ヘムに応答する転写因子が、鉄欠乏により合成が低下するヘムの量に対応してグロビンの合成を低下させることで、ヘムとグロビンのバランスを調整しているという。

 赤血球のもととなる細胞の遺伝子発現変動が鉄欠乏を引き起こしているという。この発見は「鉄欠乏性貧血」の新たな治療法の開発につながると考えられている。

東北大学大学院医学系研究科生物化学分野
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

心臓病や脳卒中を予防するための「ライフ シンプル 7」で医療費を削減 2017.03.09
女性に多い「鉄欠乏性貧血」 女性の半数は鉄欠乏の「隠れ貧血」 2017.03.09
「笑い」を医学的に検証 「笑い」のストレスマネジメント開発も 2017.02.28
がん5年後生存率が69%に 10年生存率は58%余 がん研究センター 2017.02.28
糖尿病臨床現場で行う緩やかな糖質制限“ロカボ”のすすめ 2017.02.28
がん医療の最新情報 「低侵襲」「個別化」で患者にやさしいがん治療 2017.02.20
日本の喫煙対策は「最低レベル」 たばこを断つために必要な知識 2017.02.20
血糖値をその"動き"で見る「血糖トレンドの情報ファイル」を公開開始 2017.02.17
子供の力で高齢者の孤立を防ぐ「ほっこりふれあい食事プロジェクト」 2017.02.07
メタボや肥満の人は胆石ができやすい 肝臓に脂肪がたまると胆石が 2017.02.07
くるみと緑茶の組み合わせは理想的 くるみが糖と脂肪の代謝をサポート 2017.02.07
“糖”や“カロリー”の情報サイト「糖とカロリーのお役立ちTips」が公開 2017.02.03
「生活不活発病」が熊本地震でも注目 「社会参加」「生きがい」で予防 2017.01.27
高齢者の「口のケア」 自治体主導で専門職が連携 地域包括ケアを整備 2017.01.27
1月23日は「一無、二少、三多の日」。「全国生活習慣病予防月間2017」がスタートします! 2017.01.23
家を改修すると血圧が下がる 断熱化すると室温が上がり血圧が低下 2017.01.19
納豆はスーパーフード 脳卒中、虚血性心疾患の死亡リスクが低下 2017.01.19
[ 2/8 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2017 2017.01.06
腰の負担をはかるセンサ内蔵ウェアを開発 介護施設などの負担を軽減 2016.12.28
うつ病を血液検査で判定 健診でうつを早期発見できる可能性 2016.12.28
ノロウイルスの感染拡大防止を ~厚労省などが呼びかけ 2016.12.28
精神面の健康が運動に影響 ポジティブに生きている人は運動をする 2016.12.21
温州ミカンが生活習慣病を改善 果物のカロテノイドが老化を防ぐ 2016.12.20
アレルギー疾患が急増 厚労省が基本指針を発表 医療の底上げが急務 2016.12.14
便をみれば腸内環境が分かる 最新の腸内デザインで「病気ゼロ社会」に 2016.12.14
「ポケモンGO」を保健指導に活用 運動習慣のない人も夢中で歩き始める 2016.12.14
「よく噛む」と糖尿病やメタボのリスクが低下 よく噛むための7ヵ条 2016.12.01
厚生労働省が「セーラームーン」とのコラボで性感染症を啓発 2016.12.01
12月1日は世界エイズデー 啓発イベントを実施 2016.12.01
日本の「喫煙対策」は待ったなし 4つの方法でタバコを今度こそやめる 2016.11.25
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら