運動の効果が上がらないのは「運動抵抗性」のせい 原因ホルモンが判明
2017.03.15
 ウォーキングなどの運動を行っても、なかなか成果を得られないのは、運動の効果を打ち消す「運動抵抗性」という病態が起きているからかもしれない。
 運動の効果を無効にするホルモンがみつかり、運動の効果を増強する薬の開発が視野に入ってきた。
肝臓ホルモン「ヘパトカイン」が運動の効果を無効に
 運動にはさまざまな健康増進の効果があるが、その効果には個人差がある。運動をしていても効果を得られにくい原因のひとつは、肝臓ホルモン「ヘパトカイン」が骨格筋に作用し、運動の効果を無効する「運動抵抗性」が起きているからだと、金沢大学の研究チームは考えている。

 研究チームは、肝臓から分泌されるホルモン「セレノプロテインP」を同定。このような肝臓から分泌され、全身にさまざまな作用を及ぼすホルモンを「ヘパトカイン」と総称することを提唱している。

 研究チームは2010年に、2型糖尿病患者の血液中に「ヘパトカイン」のひとつである「セレノプロテインP」が増えていることと、「セレノプロテインP」が血糖値を上昇させることを明らかにした。最近では、脂肪肝の患者や高齢者でも「セレノプロテインP」の血中濃度が高いことが報告されている。
原因ホルモンをなくすと運動能力が2倍に上昇
 研究チームは、「セレノプロテインP」を生まれつきもたないマウスでは、同じ強さ・同じ時間の運動療法を行っても、通常のマウスと比べて運動のさまざまな効果が倍増することを突き止めた。

 マウスに1日30分の走行トレーニングを1ヵ月行わせたところ、「セレノプロテインP」をもたないマウスでは正常マウスと比べて、同じ強さ・同じ時間のトレーニングをしたにもかかわらず、運動限界能力が約2倍に上昇していた。

 同様に、1ヵ月の走行トレーニングの後に、インスリンの注射を行ったところ、「セレノプロテインP」をもたないマウスでは、インスリンによる血糖低下作用が大きくなることが分かった。

 さらに、健常者を対象にした臨床研究では、血液中の「セレノプロテインP」の濃度が高かった人は、低かった人に比べて、有酸素運動トレーニングをしても運動の効果が向上しにくいことが判明した。

 研究チームは、運動習慣のない健常者女性31人に、有酸素運動トレーニングを8週間行ってもらい、有酸素運動能力のマーカーとして最大酸素摂取量を測定した。

 トレーニングの前後で、全体では最大酸素摂取量は高まったが、トレーニングをしてもあまり最大酸素摂取量が増加しない被験者では、トレーニング前の血液中の「セレノプロテインP」の濃度が高いことが分かった。
新しい「運動効果増強薬」の開発も
 「セレノプロテインP」の血中濃度は、2型糖尿病や脂肪肝の患者、高齢者で上昇する。そうした人では「セレノプロテインP」が過剰にあるため、運動を行っても、その効果が起こらないという「運動抵抗性」で生じている可能性がある。

 今回の研究では、運動の効果に個人差がある原因のひとつが解明された。研究チームは今後、2型糖尿病などの身体活動低下に関連した疾患に対して、「セレノプロテインP」とその受容体を標的にした新しい「運動効果増強薬」の開発や、測定による運動効果の出やすさの診断などにつなげたいとしている。

 研究は、金沢大学医薬保健研究域医学系の金子周一教授、篁俊成教授、御簾博文准教授らの研究チームによるもの。同志社大学、筑波大学、アルフレッサファーマの研究グループと共同で行われた。成果は、医学誌「ネイチャー メディスン」オンライン版に発表された。

肝臓ホルモン「ヘパトカイン」が運動の効果を無効に(科学技術振興機構(JST) 2017年2月28日)
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

心臓病や脳卒中を予防するための「ライフ シンプル 7」で医療費も削減 2017.03.15
運動の効果が上がらないのは「運動抵抗性」のせい 原因ホルモンが判明 2017.03.15
心臓病や脳卒中を予防するための「ライフ シンプル 7」で医療費を削減 2017.03.09
女性に多い「鉄欠乏性貧血」 女性の半数は鉄欠乏の「隠れ貧血」 2017.03.09
「笑い」を医学的に検証 「笑い」のストレスマネジメント開発も 2017.02.28
がん5年後生存率が69%に 10年生存率は58%余 がん研究センター 2017.02.28
糖尿病臨床現場で行う緩やかな糖質制限“ロカボ”のすすめ 2017.02.28
がん医療の最新情報 「低侵襲」「個別化」で患者にやさしいがん治療 2017.02.20
日本の喫煙対策は「最低レベル」 たばこを断つために必要な知識 2017.02.20
血糖値をその"動き"で見る「血糖トレンドの情報ファイル」を公開開始 2017.02.17
子供の力で高齢者の孤立を防ぐ「ほっこりふれあい食事プロジェクト」 2017.02.07
メタボや肥満の人は胆石ができやすい 肝臓に脂肪がたまると胆石が 2017.02.07
くるみと緑茶の組み合わせは理想的 くるみが糖と脂肪の代謝をサポート 2017.02.07
“糖”や“カロリー”の情報サイト「糖とカロリーのお役立ちTips」が公開 2017.02.03
「生活不活発病」が熊本地震でも注目 「社会参加」「生きがい」で予防 2017.01.27
高齢者の「口のケア」 自治体主導で専門職が連携 地域包括ケアを整備 2017.01.27
1月23日は「一無、二少、三多の日」。「全国生活習慣病予防月間2017」がスタートします! 2017.01.23
家を改修すると血圧が下がる 断熱化すると室温が上がり血圧が低下 2017.01.19
納豆はスーパーフード 脳卒中、虚血性心疾患の死亡リスクが低下 2017.01.19
[ 2/8 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2017 2017.01.06
腰の負担をはかるセンサ内蔵ウェアを開発 介護施設などの負担を軽減 2016.12.28
うつ病を血液検査で判定 健診でうつを早期発見できる可能性 2016.12.28
ノロウイルスの感染拡大防止を ~厚労省などが呼びかけ 2016.12.28
精神面の健康が運動に影響 ポジティブに生きている人は運動をする 2016.12.21
温州ミカンが生活習慣病を改善 果物のカロテノイドが老化を防ぐ 2016.12.20
アレルギー疾患が急増 厚労省が基本指針を発表 医療の底上げが急務 2016.12.14
便をみれば腸内環境が分かる 最新の腸内デザインで「病気ゼロ社会」に 2016.12.14
「ポケモンGO」を保健指導に活用 運動習慣のない人も夢中で歩き始める 2016.12.14
「よく噛む」と糖尿病やメタボのリスクが低下 よく噛むための7ヵ条 2016.12.01
厚生労働省が「セーラームーン」とのコラボで性感染症を啓発 2016.12.01
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら