お酒を飲むと赤くなる人は骨粗鬆症による大腿骨骨折を起こしやすい
2017.03.30
 お酒を飲んだ際に赤くなりやすい体質の遺伝子多型をもつ人は、その多型をもっていない人に比べて、骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折を2.48倍起こしやすいことが明らかになった。これを予防するために、ビタミンEの摂取が効果的である可能性があるという。
大腿骨近位部骨折はもっとも重篤な骨折 寝たきりの原因に
 大腿骨近位部骨折は、体のもっとも大きい骨である大腿骨が股関節部の近くの骨折で、骨折のなかでももっとも重篤なものとされる。寝たきりや要介護の要因になるだけでなく、骨折発生後1年で亡くなる人がいるなど、死亡率も増加させる。

 今日、多くの骨粗鬆症の治療薬が臨床応用されているにもかかわらず、大腿骨近位部骨折の発生数は増加の一途をたどっている。2014年には日本で年間に19万件もの大腿骨近位部骨折が発生しており、今後さらに増加することが予想されている。
アセトアルデヒドがたまると骨芽細胞の機能不全が起こる
 今回の研究では、お酒を飲むと赤くなりやすい遺伝子をもつ人は、ふだんの飲酒量に関係なく骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折を起こしやすくなることを、慶應義塾大学医学部の研究チームが明らかにした。

 お酒を飲んだ際に赤くなりやすい人は、アルコールを飲んだあとのアルコール代謝の過程で発生するアセトアルデヒドの分解に機能する「ALDH2」という酵素タンパク質が、遺伝子的に活性が弱いか欠けている。この遺伝は、日本人など東アジアの人種に多いとされている。

 「ALDH2」はアセトアルデヒドの分解に重要な役割を担っており、その機能喪失により、アセトアルデヒドが蓄積されると骨を生成する骨芽細胞の機能不全が生じる。

 さらに研究チームは、機能不全をおこした骨芽細胞にビタミンEを添加することで、機能不全を回避できることを試験管培養で確かめた。

 もって生まれた遺伝子多型は変えようがないが、ビタミンEの摂取で遺伝子多型の影響が減少し、骨折予防につながる効果が期待できるという。

 研究は、慶應義塾大学医学部整形外科学教室の宮本健史氏(先進運動器疾患治療学寄附講 座特任准教授)らによるもの。

骨折のリスクが2.48倍に上昇
 研究では、大腿骨近位部骨折を起こした92人の患者を大腿骨近位部骨折群(骨折群)、大腿骨近位部骨折を起こしておらず骨粗鬆症の診断基準も満たさない48人を正常群として、ゲノムDNAを抽出。

 アルコール代謝の過程でアセトアルデヒド分解に重要な「ALDH2」遺伝子多型のうち、お酒をのむと赤くなる体質の原因となる遺伝子多型に着目し、その保有率を骨折群と正常群間で比較した。

 その結果、骨折群では正常群に比べてその遺伝子多型の保有率が高く、その保有により骨折のリスクが2.48倍高くなることが明らかとなった。

 「ALDH2」の機能不全型遺伝子多型では、アセトアルデヒドの血中濃度が上昇することが報告されている。しかし、アセトアルデヒドにより骨芽細胞の機能障害が生じること、そして、アセトアルデヒドによる骨芽細胞の機能障害はビタミンEにより回避できることが試験管内の培養で示された。
お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい 高齢者の骨折を防ぐきっかけに
 今回の調査では、お酒を飲むと赤くなると答えた人が「ALDH2」の遺伝子多型を保有する検査の感度と特異度はそれぞれ80.0%と92.3%だった。感度と特異度が高いということは、お酒を飲むと赤くなることとALDH2遺伝子多型を保有することとが一致する確率が高いこと、つまりお酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい体質である可能性が高いことを示している。

 このことから、お酒で赤くなりやすいことが、遺伝子検査をしなくても骨折のリスク遺伝子を保有していることを知るための手がかりになると考えられる。また、リスク遺伝子多型を保有していても、そのリスクをビタミンEの摂取で減らせる可能性が示された。

 お酒を飲むと赤くなることが、本人あるいは家族など周りの人が骨折のリスクに気づくための分かりやすい指標となり、高齢者の骨折を防ぐために取り組むためのきっかけになるという。 慶應義塾大学医学部整形外科学教室
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

更年期を迎えた女性の「ホルモンケア」 がむしゃら世代の4割が「我慢」 2017.04.05
お酒を飲むと赤くなる人は骨粗鬆症による大腿骨骨折を起こしやすい 2017.03.30
「春バテ」の時季が到来 寒暖差や新生活ストレスで自律神経に乱れ 2017.03.30
「がんを発症」子どもに伝えるべきか? 「伝えて良かった」が8割以上 2017.03.30
「不健康な食事」が原因で40万人が死亡 半数の命を救える 米調査 2017.03.22
認知機能検査 75歳以上の運転免許更新で必須に 日本医師会が手引き 2017.03.22
港区、都内初となるがん患者の外見ケアに関する助成制度をスタート 2017.03.22
運動の効果が上がらないのは「運動抵抗性」のせい 原因ホルモンが判明 2017.03.15
心臓病や脳卒中を予防するための「ライフ シンプル 7」で医療費を削減 2017.03.09
女性に多い「鉄欠乏性貧血」 女性の半数は鉄欠乏の「隠れ貧血」 2017.03.09
「笑い」を医学的に検証 「笑い」のストレスマネジメント開発も 2017.02.28
がん5年後生存率が69%に 10年生存率は58%余 がん研究センター 2017.02.28
糖尿病臨床現場で行う緩やかな糖質制限“ロカボ”のすすめ 2017.02.28
がん医療の最新情報 「低侵襲」「個別化」で患者にやさしいがん治療 2017.02.20
日本の喫煙対策は「最低レベル」 たばこを断つために必要な知識 2017.02.20
血糖値をその"動き"で見る「血糖トレンドの情報ファイル」を公開開始 2017.02.17
子供の力で高齢者の孤立を防ぐ「ほっこりふれあい食事プロジェクト」 2017.02.07
メタボや肥満の人は胆石ができやすい 肝臓に脂肪がたまると胆石が 2017.02.07
くるみと緑茶の組み合わせは理想的 くるみが糖と脂肪の代謝をサポート 2017.02.07
“糖”や“カロリー”の情報サイト「糖とカロリーのお役立ちTips」が公開 2017.02.03
「生活不活発病」が熊本地震でも注目 「社会参加」「生きがい」で予防 2017.01.27
高齢者の「口のケア」 自治体主導で専門職が連携 地域包括ケアを整備 2017.01.27
1月23日は「一無、二少、三多の日」。「全国生活習慣病予防月間2017」がスタートします! 2017.01.23
家を改修すると血圧が下がる 断熱化すると室温が上がり血圧が低下 2017.01.19
納豆はスーパーフード 脳卒中、虚血性心疾患の死亡リスクが低下 2017.01.19
[ 2/8 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2017 2017.01.06
腰の負担をはかるセンサ内蔵ウェアを開発 介護施設などの負担を軽減 2016.12.28
うつ病を血液検査で判定 健診でうつを早期発見できる可能性 2016.12.28
ノロウイルスの感染拡大防止を ~厚労省などが呼びかけ 2016.12.28
精神面の健康が運動に影響 ポジティブに生きている人は運動をする 2016.12.21
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら