犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017.08.07
 犬を飼い定期的に運動させることは、飼い主の身体活動レベルの低下を防ぐ、効果的な方法となることが、英国の研究で明らかになった。犬を飼っている人は悪天候のときにも散歩をさせており、運動不足を防げる傾向がみられるという。
犬の散歩をする習慣のある人は運動量が多い
 英国のイーストアングリア大学食事・運動・リサーチセンターやケンブリッジ大学の研究チームは、49~91歳の男女3,123人を対象に、犬を飼っているかどうか、そして犬の散歩をするかどうかについて調査した。さらに、これらの参加者に活動量計を7日間装着してもらい、身体活動レベルを測定した。

 多くの人は日照時間の短い冬の時期や、天候不順があると、外出が妨げられることが知られる。そのため研究チームは、参加者の活動量データを、天候と照らし合わせ、さらに日の出と日没の時間を含めて検討を行った。

 解析した結果、犬の散歩を行う人はそうでない人に比べ、身体活動量が多く、さらに座業中心の時間も短い傾向があることが分かった。犬を飼っている人は平均で1日あたり30分間の散歩をしていたという。

 このことは予想されていた通りだったが、天候が身体活動にどの程度の影響を与えるかという点では、予想外の結果が出た。つまり、天候が悪くても、犬を飼っている人は身体活動量が、そうでない人に比べて多い傾向があることが分かった。

 さらに、日照時間が短く気温が低い冬にも、犬の散歩をする人たちは身体活動量の減少を防げていた。天候が悪い場合には、多くの人は座業中心の時間が増え、身体活動量が低下するが、犬を散歩させる習慣のある人は比較的その影響を受けにくいことが分かった。

 「犬を飼っている人はそうでない人に比べ、天候が悪く気温が低い冬にも、犬の散歩をしていることが分かりました。気温が上昇し晴れの日が多い夏にも、犬を飼っている人では、運動教室などによる介入でみられる以上に、運動量が増える傾向がみられました」と、イーストアングリア大学医学部のアンディ ジョーンズ教授は言う。
犬を散歩させることで身体活動量を増やせる(イーストアングリア大学)
犬を飼うことで運動不足を防げる可能性
 一般に、身体活動量は加齢とともに低下する傾向がある。年齢を重ねても身体活動量を維持するのに役立つ効果的な介入については、十分な研究が行われていない。

 誰もがペットを飼えるわけではないので、全ての人に犬を世話することを奨励するわけではないにしても、身体活動を促進するという側面からみると、犬を飼うことで大きなアドバンテージを得られる可能性がある。運動量を増やすことを支援するプログラムに、犬を飼い散歩させるという新しい方向性を加えることが考えられるという。

 運動プログラムによる保健指導では通常、自己目的なベネフィットに焦点をあてている。つまり、運動をすることで健康になれるという目的があるから、サポートを行うのが一般的だ。

 「しかし、犬の散歩は自己目的というよりはむしろ、パートナーとなる動物の欲求に影響されています。自身の欲求以外のものを媒介として身体活動が促進できることは、強力な動機付けとなる可能性があります。このことには、運動プログラムを作成するときに新たな手法となるかもしれません」と、ジョーンズ教授は指摘している。

Dog walking could be key to ensuring activity in later life(イーストアングリア大学 2017年7月25日)
Dog ownership supports the maintenance of physical activity during poor weather in older English adults: cross-sectional results from the EPIC Norfolk cohort(Journal of Epidemiology and Community Health 2017年7月24日)
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に 2017.08.07
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性 2017.08.07
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県 2017.07.27
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語 2017.07.27
熱中症を防ぐための5ヵ条 熱中症は軽症のうちに対処すれば怖くない 2017.07.20
ウォーキングで下半身を強くすると運動を続けやすい 「老化は足から」 2017.07.20
災害時の心のケアをする専門家チーム「DMORT」 被災者の悲嘆に対応 2017.07.14
カフェインの過剰摂取は危険 厚労省が注意「健康リスクを知って」 2017.07.14
水虫に対策するための8つの方法 しっかりケアして水虫に対処 2017.07.07
フライドポテトを週に2回以上食べると死亡リスクが上昇 揚げ物に注意 2017.07.07
【7月】セミナー・イベント情報Pick UP 2017.06.29
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル 2017.06.27
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える 2017.06.22
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要 2017.06.22
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上 2017.06.15
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」 2017.06.15
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険 2017.06.08
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要 2017.06.08
内閣府が社会保障について考えるインフォグラフィック動画を公開 2017.06.01
玄米は苦手? 「もち米玄米」なら大丈夫 血糖値スパイクを抑えられる 2017.06.01
じんましんは「日常生活に影響」 突然に激しいかゆみを伴い発疹が 2017.06.01
アルコールに注意 飲む量を減らせば改善する 「減酒外来」を開設 2017.05.24
失業や再就職で脳卒中リスクは上昇 男性の方が女性よりも深刻 2017.05.24
「減塩」は健康的な食事に必須 高血圧だけでない「塩」の恐さ 2017.05.19
顔などの突然のむくみは「遺伝性血管性浮腫」(HAE)かも 「HAEの日」 2017.05.17
若い男性の気分UPにくるみが有効 無作為化二重盲検試験の結果 2017.05.10
1日1時間の活発なウォーキングが脳卒中などのリスクを30%低下 2017.05.10
連休(GW)こそ健康管理に気をつけよう 8つの対策で連休を乗り切る 2017.05.02
階段運動はコーヒーを飲むより効果的 たった10分の運動で活力が向上 2017.05.02
「ギャンブル依存症」患者のメカニズムが明らかに 脳の働きに違いが 2017.04.26
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら