精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上
2017年9月 8日 14:29
 くるみが精子の質を改善するという研究結果が発表された。雄マウスにくるみを豊富に含む餌を与えたところ、通常の餌を与えたマウスよりも精子の運動性や形態が向上したという。既にヒトを対象とした研究でも同様の報告がなされており、今回の結果はそれを支持するもの。

 不妊症の約半数は、男性が原因または男性・女性双方の原因によるもので占めると言われるが、そんなカップルが抱える悩みの一部を、くるみが解決してくれるのだろうか。本報告の研究者は、「くるみに含まれるどの成分が良いのかなど、さらなる研究が必要だが、くるみが精子の健康に役立つ可能性が示唆される」と述べている。

ヒトでは1日75gに相当する、くるみが豊富な餌でマウスを9〜11週間飼育

 この研究では、野生型マウス(遺伝的な変異が特にない通常のマウス)を2つのグループに分け、一方にはくるみを豊富に含む餌(以下、くるみ食と省略)を与え、もう一方には通常の餌を与えて飼育した。また、遺伝子変異があり精子の活性化が起こりにくいPMCA4欠損マウスでも同様の検討をした。なお、くるみ食はカロリーの19.6%をくるみで占めており、ヒトに換算すると1日あたり75gのくるみ摂取に相当する。

 9〜11週間の飼育期間後に、精子の運動性や形態などを評価して、くるみ食の影響を検討した。精子の運動性については、非受精能状態(卵子に到達する前の受精能未獲得で、運動性が高い状態)と、受精能状態(卵子に到達する過程で受精能を獲得し、運動性はやや低下した状態)のそれぞれで検討した。

くるみ食群で精子の運動性と形態が有意に改善

 結果をみると、まず、野生型マウスについては、くるみ食群は通常食群に比べて、受精能非獲得状態と受精能獲得状態の双方で、有意に精子の運動性(精子運動率)が向上していた(ともにp<0.05.図1)。一方、PMCA4欠損マウスでは、精子運動率に有意な変化は認められなかった。

 次に精子の形態をみると、野生型マウスではくるみ食群で通常食群に比し、正常形態の精子が占める割合(正常形態率)が有意に高かった(p<0.01.図2)。また、PMCA4欠損マウスは野生型マウスに比べて正常形態率が有意に低いことが確認されたが(p<0.001)、そのような背景のもとにおいても、くるみ食によって正常形態率の有意な改善を認めた(p<0.01)。

くるみが酸化ストレスを抑制して精子の質を改善

 くるみが精子の精子運動率や正常形態率を向上させる理由として、くるみが豊富に含有している多価不飽和脂肪酸によって酸化ストレスが軽減され、精子保護的に働くという機序が考えられる。

 この経路の確認のため精子の脂質過酸化レベルを評価したところ、通常食に比べくるみ食では、脂質過酸化レベルが野生型マウスで約5割、PMCA4欠損マウスでは約4割まで有意に抑制されていた(ともにp<0.05)。これにより、くるみ食が酸化ストレスを抑制することで精子の質を改善することが推察される。

ヒトでの検討と一致する結論

 くるみの精子に及ぼす影響は、動物実験としては恐らく今回の報告が初めてのものだが、ヒトを対象とする研究は既に報告がある。

 21〜35歳の男性117人を2群に分け、一方の群のみに1日75gのくるみを摂取しもらったところ、精子の活力、運動性、形態がくるみ摂取群のほうが良好であり、有意な群間差があったという。今回のマウスでの研究結果は、ヒトにおけるこの研究結果を支持するもので、くるみの精子に対する作用がより強固に証明されたと言えるだろう。

くるみ食で体重や血清脂質は変化しない

 ところで、「くるみは脂肪分が豊富だから、食べ続けると太ったり血清質が高くなったりするのではないか」と思われるかもしれない。しかし本研究では、くるみ食群と通常食群のマウスの体重の推移は一致している。また前述のヒトでの検討でも、血清脂質値に群間差がなかったことが報告されている。

 総摂取カロリーを変えず、その一部をくるみに置き換えるという方法において、体重や血清脂質へマイナスの影響が生じる可能性は、今のところ否定されていると言える。

不妊症の約半数は男性にも原因

 現在、世界中の夫婦の1割近くが不妊症であると言われている。

 不妊症というと、その原因の多くは女性の側にあると思われがちだが、実際には男性の側に原因があるケースが4分の1ほどを占め、かつ、男女の両方に原因があるケースも約4分の1を占めると考えられている。つまり、不妊症の約半数は、男性の側にも原因が存在するということだ。

 ひょっとすると、このような男性不妊で悩む多くの夫婦に、くるみが解決の糸口を与えてくれることもあるかもしれない。

参考情報:
Effectiveness of a walnut-enriched diet on murine sperm: involvement of reduced peroxidative damage〔Heliyon 3(2):e00250,2017〕
Walnuts improve semen quality in men consuming a Western-style diet: randomized control dietary intervention trial〔Biol Reprod 87(4):101,2012〕
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護 2018.10.03
サッカーで糖尿病を予防 サッカーは骨を丈夫にできる最適な運動 2018.10.02
加齢や健康について周囲に話せるシニアは「幸せ度」が高い 意識調査 2018.10.02
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大 2018.10.02
【9/10〜9/16は自殺予防週間】SNS(LINE・チャット)相談できます! 2018.09.13
「ミドリムシ」の成分が血糖値の上昇を抑制 期待できる健康効果 2018.09.13
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動 2018.09.06
「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか? 2018.08.30
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催 2018.08.30
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作 2018.08.30
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要 2018.08.24
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に 2018.08.07
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く 2018.08.07
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半 2018.07.20
【健やか21】避難所生活で健康に過ごすための注意点(厚労省) 2018.07.20
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護 2018.07.20
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール 2018.07.17
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に 2018.07.17
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を 2018.07.17
「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響 2018.06.28
作りおきに「食中毒」リスク 冷蔵庫保管でも「においで判断」はNG 2018.06.28
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる 2018.06.06
「ミドリムシ」からメタボを改善する成分 「痩せるホルモン」を促進 2018.06.06
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化 2018.05.02
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を 2018.05.02
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋" 2018.05.02
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明 2018.04.27
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
日本臨床内科医会プロジェクト
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら