高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017.12.01
 「エナジードリンク」の飲み過ぎは、肥満、2型糖尿病、血圧上昇、肥満や腎障害などの深刻な健康被害を引き起こすおそれがあり、とくに思春期前の子供では危険性があるので、摂取の制限を検討する必要があるという研究が発表された。
エナジードリンクの市場は拡大している
 エナジードリンクの市場は世界規模で拡大を続けている。そのため、エナジードリンクの副作用について検討する必要があり、広告宣伝で謳われている内容や、公衆衛生で考えられる影響などを検討する必要があるという研究が発表された。研究は専門誌「Frontiers in Public Health」に発表された。

 ハーバード大学公衆衛生大学院の研究チームによると、エナジードリンクは健康に対する有害性が高く、とくに子供や若年の成人が健康被害を受けるおそれがあるという。思春期以前の子供に対しては、エナジードリンクの摂取制限を行うべきで、カフェイン含有量の上限規制も検討する必要があるとしている。

 エナジードリンク産業は過去20年間で拡大しており、米国の市場規模は1兆円を超えている。企業はこれらの飲料を健康的なイメージと結び付けて宣伝しており、エネルギーやスタミナ、運動パーフォーマンスや集中力の向上などを印象付けようとしている。

 しかし、注意しなければならないのは、エナジードリンクに含まれる栄養成分は健康に悪影響をもたらす可能性があり、安全性について十分に検証されていないことだ。
2本で1日のカフェイン摂取量の上限を超えることも
 エナジードリンクの多くは、清涼飲料水にカフェイン、ビタミン、アミノ酸などを含有した炭酸飲料で、とくに多く含まれるのは糖分とカフェインだ。

 欧州連合(EU)の欧州食品安全機関(EFSA)は、健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量について、「成人では1日400mg未満に抑え、1回の摂取量が200mgを超えないようにするべき」とする提言を公表している。

 国内で販売しているエナジードリンク1本のカフェイン含有量は100〜200mg程度だ。中には、1缶(200mL)あたり680mgのカフェインを含んでいるものがあり、これは通常のコーヒー(200mLあたり80mg)の8倍にあたる量になる。
カフェインを摂り過ぎると副作用が
 カフェインには、中枢神経に働きかけ、眠気や疲労を抑え、運動機能を高める興奮作用や、骨格筋に働き、疲労感を抑え活動性を増大させる作用がある。

 また、カフェインは心臓の心筋に作用し、収縮力や拍出量を増加させたり、腎臓の血管を拡張させ、腎臓への血流量を増やし尿の生成を促す利尿作用がある。

 しかし、カフェインを大量に摂取すると、不眠症や神経症、心拍数の増加、血圧の上昇、不整脈、腎障害が引き起こされるおそれがあるという。

 また、エナジードリンクとアルコールを同時に摂ってしまうと、相乗的に危険性が高まることが懸念されるという。こうした飲み方でアルコールを摂取すると、アルコール単独よりもより消費量が多くなる傾向がある。

 エナジードリンクの作用により、アルコールによる酩酊感が隠されてしまい、結果としてより多くのアルコールを無意識に摂取してしまい、アルコールの急性中毒が引き起こされるおそれがある。
エナジードリンクを飲むと血糖値が上昇
 エナジードリンクの過剰な摂取が2型糖尿病の発症リスクを高めるという調査結果も発表されている。

 カナダのカルガリー大学の研究チームは、13〜19歳の若年者20人を対象に、カフェインを含むエナジードリンクを摂取した後の血糖値およびインスリン抵抗性のデータを解析した。

 被験者をカフェインを含むエナジードリンクを摂取する群と、摂取しない群に分け、摂取後40分に経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)を実施した。このエナジードリンクは、ボトル容量が57mLで、糖類は含有していないが、208mgのカフェインを含んでいる。

 その結果、カフェイン含有のエナジードリンクを摂取した群では、カフェイン抜きの群に比べて血糖値が24.6%、インスリン値が26.4%上昇した。

 過剰なカフェイン摂取がアドレナリンなどの血糖値を高めるホルモン分泌を促し、インスリンの機能を妨げている可能性があるという。

 「エナジードリンクに含まれるカフェインがインスリン抵抗性を引き起こしていると考えられます。カフェインの血中半減期は4〜6時間で、血糖値とインスリン値の上昇はかなりの時間続くことになります」と研究者は述べている。

 エナジードリンクはカフェインに含めて、糖分を多く含み、高カロリーのものが多い。「過剰なカフェインの摂取が、中枢神経系の刺激によるめまいや心拍数の増加、興奮、不眠症などの急性作用をもたらすことがあります。特に若年者の飲み過ぎには注意が必要です」と研究者は指摘している。

Serious health risks associated with energy drinks(Frontiers 2017年11月15日)
Health Effects and Public Health Concerns of Energy Drink Consumption in the United States: A Mini-Review(Frontiers in Public Health 2017年8月31日)
Energy drink consumption impairs oral glucose tolerance in adolescents: a randomized, double-blind, crossover pilot study(カルガリー大学 2015年12月7日)
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる 2017.12.01
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討 2017.12.01
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.12.01
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査 2017.11.24
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.11.24
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事 2017.11.02
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書 2017.11.02
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」 2017.11.02
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集 2017.10.26
うつ病の予防に週1時間の運動 ウォーキングは気分を明るくする 2017.10.26
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字 2017.10.26
「うなずく」という動作だけで、相手に与える印象は4割も良くなる 2017.10.26
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる 2017.10.19
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査 2017.10.19
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう 2017.10.05
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的 2017.10.05
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」 2017.09.22
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い 2017.09.22
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告 2017.09.22
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下 2017.09.14
「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに有効 初の科学的な検証 2017.09.14
精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上 2017.09.08
【健やか21】フォトコンテスト2017作品募集中! 2017.09.08
うつ病を「インスタグラム」の投稿写真から早期発見 70%の精度で特定 2017.09.08
「介護職員が不足」が6割 3年連続で悪化 介護労働実態調査 2017.08.31
世界中で近視が急増 ウォーキングで自然光を浴びると近視対策に 2017.08.31
【参加者募集】 働く女性の乳がんセミナー「乳がん患者さんの恋愛・婚活・結婚生活」 2017.08.25
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター 2017.08.25
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い? 2017.08.16
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果 2017.08.16
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら