糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017.12.01
 糖尿病の合併症は、血糖コントロールを良好に行い、高血圧や高コレステルールなどの治療を行えば、抑えることができる。糖尿病の合併症の怖さを意識することは大切だが、男性患者にとって、「男性力」の衰えも気になるのではないだろうか。
EDが糖尿病を早期発見するための指標に
 米国の研究グループがこのほど、糖尿病の男性では「勃起障害」(ED)を発症する割合が、糖尿病でない男性の2〜3倍に上るとの調査結果を報告した。

 勃起障害(ED)は、男性の10人に1人が経験する深刻な問題だ。しかし、EDが性的な問題に限らないことをご存知だろうか? 糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、EDが引き起こされることがある。

 勃起障害(ED)とは、性交時に挿入できる程度まで勃起できない、または挿入できても最後まで勃起を持続できない状態のことだ。加齢に伴い勃起能力が落ちてくるのは自然なことだが、それによって生活の質(QOL)が大きく損なわれると本人が自覚しているならば、治療が必要となる。

 多くの男性はEDの症状が出ていても、それが治療可能であることを知らない。しかも、米国メリーランド州ボルチモアにあるチェサピーク泌尿器科アソシエイツによると、EDは糖尿病を早期発見するための指標となる可能性があるという。
なぜ糖尿病の男性はEDになりやすいか
 「糖尿病という疾患が、勃起を達成するのを二重に攻撃しているのをご存知でしょうか?」と、チェサピーク泌尿器科アソシエイツのED治療プログラムのディレクターであるマルク シーゲルバウム氏は言う。

 「血糖値が高い状態が続くと、細小血管がダメージを受け、陰茎への血流が悪くなります。さらに、陰茎や会陰に張り巡らされている神経にも障害が起き、神経線維から脳への伝達が悪くなり、男性の性的反応を引き起こすのが難しくなります。血管が障害を受け陰茎への血流が減少したり、神経障害が起きると、男性は勃起を達成できなくなります」と、シーゲルバウム氏は説明する。

 血糖コントロールが良くないと、陰茎への血流の減少に加えて、神経損傷や神経障害が起こりやすくなる。これらは、男性の勃起機能を維持するために非常に重要で、勃起に関わる神経が損傷を受けると、元の状態に戻すのは難しくなる。血糖コントロールを良好に維持することは、男性の性的な機能を保つためにもとても重要だ。
糖尿病の男性はEDの発症率が2〜3倍高い
 米国国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所(NIDDK)の調査では、下記のことが明らかになっている。
▽糖尿病のある男性の20%から75%が、生涯にわたりある程度のEDを経験している。
▽糖尿病のある男性は、糖尿病のない男性に比べ、EDを発症する割合が2〜3倍高い。
▽糖尿病のある男性は、糖尿病のない男性に比べ、EDを10〜15年早く経験する可能性がある。
▽とくに45歳以下の男性で、EDは糖尿病を早期発見するための指標なる可能性がある。

 NIDDKによると、EDの危険因子は右の通りだ。逆に言えば、年齢以外は、生活スタイルを改善し治療を受けることで、EDの危険因子を減らすことができる。

 糖尿病に加えて、EDの主な原因には、高血圧、腎臓病、アルコール乱用、血管疾患などがある。薬の副作用、心理的要因、喫煙、ホルモン欠乏などを原因としてEDを発症することもある。
EDの原因を治療することが大切
 EDを経験した男性は、医師に相談することが勧められる。医師は、血糖コントロールの状態に含め、性的問題の種類や頻度、薬の服用状況、喫煙・飲酒習慣、健康状態などについて質問し、性的な問題の原因を特定するための検査を行う。患者がうつ状態にあるのか、生活で最近に起こった変化について尋ねることもある。

 重要なのは、EDの根底にある原因を治療することだ。「正常な性的欲求と、男性ホルモンであるテストステロンの値が正常であっても、糖尿病の治療を受けないでいると、陰茎への血流が障害され、EDになる可能性が高まります」と、シーゲルバウム氏は指摘する。

 「EDは老化に伴う現象ではなく、原因が別にある可能性があります。EDの根本的な原因を突き止めるために、医師による総合的な医学検査を受けることをお勧めします」。
EDの治療は進歩している
 食事療法や運動療法、薬物療法によって、糖尿病を治療し進行を抑えることは、EDを治療するためにも重要だ。糖尿病を治療することで、血流が良くなり、神経障害も抑えられる。糖尿病患者は、血糖値、血圧、コレステロール値をコントロールし目標数値に近づけておくことで、EDのリスクを低下させることができる。これらは糖尿病の他の合併症を予防するためにも必要だ。

 加えてEDの問題を抱えている男性は、泌尿器科や専門の医師のアドバイスを受けることが勧められるという。多くの場合でEDの治療は効果がある。EDの治療は進歩しており、バイアグラやレピトラ、シアリスといった飲み薬や、簡単にできる注射薬など、さまざまな治療法がある。それぞれの治療法には長所と短所があり、不安を軽減するための心理カウンセリングを併行することもある。

Could Erectile Dysfunction Help Diagnose Diabetes in Men?(チェサピーク泌尿器科アソシエイツ 2017年11月17日)
Diabetes & Sexual & Urologic Problems(米国国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所 2008年12月)
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる 2017.12.01
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討 2017.12.01
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.12.01
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査 2017.11.24
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.11.24
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事 2017.11.02
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書 2017.11.02
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」 2017.11.02
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集 2017.10.26
うつ病の予防に週1時間の運動 ウォーキングは気分を明るくする 2017.10.26
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字 2017.10.26
「うなずく」という動作だけで、相手に与える印象は4割も良くなる 2017.10.26
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる 2017.10.19
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査 2017.10.19
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう 2017.10.05
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的 2017.10.05
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」 2017.09.22
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い 2017.09.22
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告 2017.09.22
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下 2017.09.14
「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに有効 初の科学的な検証 2017.09.14
精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上 2017.09.08
【健やか21】フォトコンテスト2017作品募集中! 2017.09.08
うつ病を「インスタグラム」の投稿写真から早期発見 70%の精度で特定 2017.09.08
「介護職員が不足」が6割 3年連続で悪化 介護労働実態調査 2017.08.31
世界中で近視が急増 ウォーキングで自然光を浴びると近視対策に 2017.08.31
【参加者募集】 働く女性の乳がんセミナー「乳がん患者さんの恋愛・婚活・結婚生活」 2017.08.25
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター 2017.08.25
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い? 2017.08.16
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果 2017.08.16
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら