いま知っておきたい「花粉症」対策 治療の基本を知って乗り切ろう
2018.02.15
 例年、春先に飛び始めるスギ花粉。花粉症の人にとっては、つらいシーズンだ。できる限りの対策をして、上手に乗り切ろう。
花粉症患者は急増している
 花粉症は、体内に入った花粉(異物)を排除しようとして、人間の身体が起こすアレルギー反応の一種だ。主な症状は、「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」などだが、「喘息」を併発することもある。

 花粉の飛散量が増えたことが、花粉症患者が急増している原因のひとつだが、近年は食生活の変化や腸内細菌の変化、大気汚染、喫煙、ストレスなどの影響も指摘されている。
症状が悪化する前に治療を開始
 ヒトの体では細菌や微生物などから体を守るために抗体という成分が作られている。花粉を体内に入り込むと、体は花粉を異物と認識して免疫機能が働きはじめて「IgE抗体」がつくられる。

 「IgE」は鼻や眼の粘膜にある肥満細胞と結合し、吸い込んだ花粉が粘膜に到達すると反応を起こす。その結果、肥満細胞からヒスタミンなどの炎症を引き起こす物質が放出され、これらの物質が鼻や目の粘膜を刺激してアレルギー反応を引き起こす。

 くしゃみ中枢が刺激されると「くしゃみ」が、分泌腺が刺激されると「鼻水」が、血管が刺激されると「鼻づまり」などの症状が出てくる。

 本来は排除する必要がない花粉に対して身体の防御機能が過剰に反応してしまい、逆に体の負担が生じてしまうのが花粉症だ。花粉症は自然に治ることはまれで、症状が悪化してしまうと治療を行ってもなかなか症状がおさまらないという特徴がある。
花粉症の治療の基本を知って乗り切ろう
 花粉症を治療するために、日常生活で浴びる花粉の量をなるべく少なくする工夫が大切だ。

 「マスクは隙間から花粉が侵入してこないよう、顔にフィットするものをつける」「帰宅したらうがい・手洗い・洗顔を行う」「花粉対策用眼鏡、帽子、マスクを着用する」「衣服はツルツルした素材を選び、帰宅時外で衣服などをはたく」などの対策を行おう。

 薬物療法では、少しでも症状が出たらすぐに治療を始める初期療法が有効だ。

 薬には、くしゃみ、鼻水に効果がある「抗ヒスタミン薬」(内服薬)、ヒスタミンなどが放出(遊離)されるのを抑制する「遊離抑制薬」(点眼薬・点鼻薬)、鼻づまりに効果がある「抗ロイコトリエン薬」(内服薬)のほか、「血管収縮薬」(点鼻薬)や「鼻噴霧用ステロイド薬」などがある。薬物治療では、最近は眠気などの副作用の少ないものが出てきている。

 手術には鼻閉を改善する手術、鼻汁を減らす手術、レーザーを用いてアレルギー反応を起こす粘膜を減らす手術がある。また最近では免疫療法も根本的な治療法として注目されている。
アレルギー疾患が急増 厚労省が基本指針を発表
 花粉症などのアレルギー疾患は急増しており、いまや国民の2人に1人が罹病している。厚生労働省の「アレルギー疾患対策推進協議会」は2016年12月に基本指針案をまとめ、医療の提供体制を整備するとともに、患者が科学的知見にもとづく適切な情報を入手できるよう環境を整備することを求めている。

 患者数が多く、日常生活に大きな支障を及ぼすにもかかわらず、日本のアレルギー疾患に対する取り組みは遅れている。専門的な知識や技術のある医師が偏在しており、地域間で医療提供体制に差があり、患者が適切な治療が受けられず、重症化する例が多いことが問題になっている。

 アレルギー疾患のある人は、長期にわたり生活の質が低下し、社会的、経済的にも影響を受ける。しかし、発症、重症化要因の解明、ガイドラインの有効性の評価や薬剤の長期投与の効果や副作用など、明らかになっていないことが多い。

 こうした状況をふまえ基本指針案では、アレルギー疾患をもつ人が適切な診療を受けられるよう、科学的根拠にもとづいた医療提供体制を整備すべきだとした。地域ごとに専門的な治療を行う拠点病院を整備し、患者の相談支援にあたる体制を充実させることなどを盛り込んだ。
最新の正しい情報を得ることも大切
 指針案では、▽アレルゲン(アレルギー疾患の原因物質)を回避するための措置を講ずることを念頭に、アレルギー疾患のある患者を取り巻く環境の改善をはかる、▽アレルギー疾患の医療全体の質を向上させ、科学的根拠にもとづいた医療の提供体制を整備する、▽アレルギー疾患に関し、科学的知見にもとづく適切な情報を入手できる体制を整備する――とった対策を求めている。

 アレルギー疾患のある人が科学的根拠にもとづかない治療によって症状を悪化させるケースがあるため、インターネットなどを通じて適切な情報の提供をはかることも強調している。インターネット上の情報には科学的に適切でない例もあるので、予防法や生活改善策について最新の正しい情報を得ることが大切だ。

アレルギー疾患対策推進協議会(厚生労働省)
一般の皆様へ(日本アレルギー学会)
アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)のおもな治療薬(日本アレルギー学会)
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意 2018.02.15
いま知っておきたい「花粉症」対策 治療の基本を知って乗り切ろう 2018.02.15
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用 2018.02.02
高齢者独居が4人に1人に 進む未婚・少子化 日本の世帯数の将来推計 2018.02.02
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ〜東京都福祉保健局 2018.01.17
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整 2018.01.17
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる 2018.01.17
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起 2017.12.21
加熱式たばこも血管には有害 血管内皮機能が低下 「iQOS」で実験 2017.12.21
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都) 2017.12.14
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる 2017.12.01
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討 2017.12.01
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.12.01
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査 2017.11.24
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.11.24
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事 2017.11.02
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書 2017.11.02
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」 2017.11.02
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集 2017.10.26
うつ病の予防に週1時間の運動 ウォーキングは気分を明るくする 2017.10.26
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字 2017.10.26
「うなずく」という動作だけで、相手に与える印象は4割も良くなる 2017.10.26
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる 2017.10.19
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査 2017.10.19
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう 2017.10.05
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的 2017.10.05
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」 2017.09.22
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い 2017.09.22
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告 2017.09.22
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下 2017.09.14
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら