働く女性が悩まされる「首こり」 春から初夏にリスクが増加
2018.03.07
 働く女性の多くが悩まされている「首こり」。肩こりを訴える患者の多くは、肩だけでなく首のこりも併発しているという。
 放置しておくと全身に影響が及ぶこともあるので注意が必要だ。
女性の7割が首こりに悩まされている
 パソコンにスマホ、育児に家事――肩や首を酷使しがちな女性にとって、「首こり」の悩みは尽きない。ピップの調査によると、女性では実に7割が首こりに悩まされているという。

 ピップは、フルタイム勤務で、パソコンやスマホを日常的に利用し、肩や首のこりを感じている20〜50歳代の首都圏在住女性309人にインターネット調査を実施した。

 その結果、季節としては生活環境が大きく変化する春から初夏に多く、時間的にはパソコンやスマホの操作、デスクワークの最中多いことが分かった。
首こりは女性の方がなりやすい
 調査を監修した稲毛病院整形外科・リハビリテーション科・健康支援科部長の佐藤務氏によると、肩こりを訴える患者の多くは、首のこりも併発しているという。

 一般的に女性は男性と比較して首が細長く、少ない筋肉で頭を支えているため、血流が滞りがちで首こりが起こりやすい。

 頭の重さは6〜8kgほどとされる。首は、その重たい頭を支え、上下左右に屈伸・回旋など複雑な動きをコントロールしている。

 女性の首は男性と比べ、平均で5〜6cmも細く、男性に比べて少ない筋肉で頭を支えている。血流量は筋肉量に比例するため、女性の方が血流が滞りやすくなる。
パソコンやスマホが影響 季節の変わり目にも注意
 また、働く女性の多くは、デスクワーク時間が長い。長時間同じ姿勢でいると、肩や首の周辺の筋肉を動かさないため、筋肉の緊張状態が続き血流が悪くなる。

 調査では、約9割の女性が「パソコン・スマホを使うようになって首こりがひどくなったと思う」と答え、約5割が頭痛や目の疲れ、肩の痛みを感じていることが分かった。

 また、回答者の約8割が季節の変わり目や生活環境の変化で「体の不調を感じる」と答えた。

 2017年では3月から5月の3ヵ月間で、平均気温は11.5℃も上昇した。この期間は日中の気温差も年間を通じて大きくなりやすい時期でもある。

 佐藤氏は季節の変わり目のうち春から初夏に注目し、「急な気温の変化で、自律神経が乱れ、血流が悪くなります。血流が悪くなると筋肉が硬直し、首にある血管や末梢神経を圧迫。さらに血行不良が起き、首のこりを引き起こしやすくなるのです」と述べている。
首こりを解消するための運動
 首のこりは医者に行くほどのことではない、と侮ってはいけない。佐藤氏は「放置しておくと全身に影響を及ぼし、頭痛や腕のしびれや痛みを引き起こすこともあります」と指摘している。

 ピップの調査では、頭痛を感じている人は約5割、腕の痛み・だるさを感じている人は2割以上に上ったが、これは重症化へのサインだという。

 佐藤氏は「首を上下左右に動かし、上を向くときに首から肩、指先にかけて違和感があれば首こりの危険がある」と注意を促している。

 首こりを解消するためには、首の筋肉を「鍛える」ことが大切だ。首の筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで、血流の改善が見込める。

 首こりの予防には、首を動かさず胸を張った状態のまま、手の平で頭を前後左右に各30秒ほど強く押す運動が効果的だという。特に同じ姿勢が長く続く仕事中に行うと良い。

春から初夏は重症化に注意、整形ドクターがアドバイス 「うなじ首こり」の原因と対策(ピップ)
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

【健やか21】 自殺対策強化月間の特別企画ページ開設(厚生労働省) 2018.03.07
働く女性が悩まされる「首こり」 春から初夏にリスクが増加 2018.03.07
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善 2018.02.15
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意 2018.02.15
いま知っておきたい「花粉症」対策 治療の基本を知って乗り切ろう 2018.02.15
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用 2018.02.02
高齢者独居が4人に1人に 進む未婚・少子化 日本の世帯数の将来推計 2018.02.02
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ〜東京都福祉保健局 2018.01.17
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整 2018.01.17
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる 2018.01.17
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起 2017.12.21
加熱式たばこも血管には有害 血管内皮機能が低下 「iQOS」で実験 2017.12.21
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都) 2017.12.14
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる 2017.12.01
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討 2017.12.01
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.12.01
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査 2017.11.24
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.11.24
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事 2017.11.02
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書 2017.11.02
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」 2017.11.02
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集 2017.10.26
うつ病の予防に週1時間の運動 ウォーキングは気分を明るくする 2017.10.26
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字 2017.10.26
「うなずく」という動作だけで、相手に与える印象は4割も良くなる 2017.10.26
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる 2017.10.19
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査 2017.10.19
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう 2017.10.05
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的 2017.10.05
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」 2017.09.22
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら