夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差
2018.04.26
 急性心筋梗塞の発症と時刻における日照時間は関連しており、夏は夜間に急性心筋梗塞の発症数がその他の季節と比べて増加することが、京都府立医科大学などが世界7ヵ国と共同で行った調査で明らかになった。
夏の夜間に急増する急性心筋梗塞 日照時間が関与
 「ST上昇型急性心筋梗塞」(STEMI)は、動脈硬化で狭窄した冠動脈が血栓によって閉塞することによって生じる。STEMIは世界の主要死因のひとつとなっている。

 急性心筋梗塞は、発症数が日中に多く、冬に増加し夏に減少するという季節変動パターンがあることから、概日リズムと影響していると考えられている。

 季節により急性心筋梗塞の発症数に増減があるのは、環境や天候などの要因が発症機序に関与しているからだという報告があるものの、季節により変化する概日リズムがどのように影響するかはよく分かっていない。

 そこで、京都府立医科大学などの国際共同研究グループは、地球の南北両半球の合計7ヵ国(日本、イタリア、英国、フィンランド、中国、シンガポール、オーストラリア)で2004年〜2014年にかけて発症した急性心筋梗塞2,270症例を対象に、発症が概日リズムが夏に変動するかどうかを検証した。

 その結果、急性心筋梗塞の発症時刻と日照時間が密接に関与しており、急性心筋梗塞の発症例は、特に夏は他の季節と比べて日中(6〜18時)に減少し、夜間(18〜6時)にシフトして増加することが判明した。

関連情報
日照時間で発症に差 ビタミンDの合成が影響か
 フィンランドや英国では夏とその他の季節における差がその他の国々と比べて小さく、これは北極に近付くほどサマーシフトが消失するからだと考えられる。

 シンガポールでは、日中と夜間の急性心筋梗塞数の差と環境や天候などの要因との相関について解析したところ、日照時間と強い負の相関を示すことが分かった。

 これらから、天候(雨雲)を考慮に入れた日照時間が急性心筋梗塞の発症時刻に影響を与えるということが明らかになった。

 さらに、日照によるビタミンDの合成量が急性心筋梗塞の発症に関与している可能性が示された。過去の研究では、ビタミンD欠乏症は心筋梗塞の発症リスクを上昇させることが示されている。

 ビタミンDの合成は日照に依存しているため、研究グループはビタミンDと日中と夜間の急性心筋梗塞数の差との相関を調べた。皮膚で作られたビタミンDは肝臓で代謝されて25(OH)Dとなる。

 同じ緯度に位置しているスウェーデンとフィンランドで、25(OH)Dと急性心筋梗塞数を調べたところ、日中と夜間の急性心筋梗塞数の差は負の相関を示した。この結果は、日照時間が長くなりビタミンDの合成が増加すると、日中と夜間の急性心筋梗塞数の差が減少することを意味している。
時間帯に応じた救急医療システムの確立を
 今回の研究で、特に夏は他の季節と比べて、夜間の急性心筋梗塞発症数が増加し、日照によるビタミンDの合成が急性心筋梗塞の発症に関与していることが示された。

 研究グループは、「季節や時間帯に応じた急性心筋梗塞に対応する救急医療システムの確立や、ビタミンDを標的とした心筋梗塞予防薬や診断マーカーの開発につながる」とまとめている。

 この研究は、京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学の西真宏大学氏ら世界7ヵ国による国際共同研究グループが行ったもので、科学雑誌「Journal of the American Heart Association」オンライン版に発表された。
京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学
'Summer shift': a potential effect of sunshine on the time onset of ST-elevation acute myocardial infarction(Journal of the American Heart Association 2018年4月7日)
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
ご存知ですか?「紫外線」 紫外線に打ち勝つ4つの方法 2018.04.12
体重増加の犯人は果物や野菜のジュースかも 毎日飲み続けるとどうなる? 2018.04.05
女性の「痩せ」志向は不健康 スポーツを通じて女性の活躍を促進 2018.04.05
「大災害を生き抜くための食事学」 震災後に求められる備蓄食11の条件 2018.03.07
経産省が東証と「健康経営銘柄2018」を選定〜健康経営に優れた企業を投資家に紹介!  2018.03.07
【健やか21】 自殺対策強化月間の特別企画ページ開設(厚生労働省) 2018.03.07
働く女性が悩まされる「首こり」 春から初夏にリスクが増加 2018.03.07
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善 2018.02.15
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意 2018.02.15
いま知っておきたい「花粉症」対策 治療の基本を知って乗り切ろう 2018.02.15
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用 2018.02.02
高齢者独居が4人に1人に 進む未婚・少子化 日本の世帯数の将来推計 2018.02.02
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ〜東京都福祉保健局 2018.01.17
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整 2018.01.17
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる 2018.01.17
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起 2017.12.21
加熱式たばこも血管には有害 血管内皮機能が低下 「iQOS」で実験 2017.12.21
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都) 2017.12.14
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる 2017.12.01
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討 2017.12.01
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.12.01
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査 2017.11.24
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.11.24
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事 2017.11.02
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書 2017.11.02
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」 2017.11.02
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集 2017.10.26
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら