「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明
2018.04.27
 「プロポリス」に、高齢者の認知機能の低下や全身性炎症を改善する効果があることが、九州大学や中国の研究機関の国際研究グループによって明らかにされた。
「プロポリス」に認知機能の低下や炎症を低減する効果
 「プロポリス」は、ミツバチが木の芽や蕾、花粉、樹液などから集めた樹脂製混合物。多種類のフラノボイドなどが含まれており、抗炎症作用や抗酸化作用があるとされている。

 一方、アルツハイマー病の患者数は増加しており、介護や医療費負担が急増している。認知症は加齢によって有病率が高くなり、「慢性全身性炎症」が発症に関連することが知られている。認知症の60〜70%を占めるアルツハイマー病には根本的な治療法がない。

 アルツハイマー病では、脳・脊髄にあり免疫機能を担うグリア細胞の一種である「ミクログリア」が活性化し、これによる脳炎症が神経細胞損傷や老人斑のアミロイドβの沈着を促進し、認知機能を低下させると考えられている。

 慢性全身性炎症は、臨床研究では認知機能を低下させることが明らかになっており、動物実験では年齢依存性の脳炎症を誘発することが示されている。全身性炎症の症状を低減することが、アルツハイマー病の予防策となる可能性がある。

 九州大学や中国の研究機関の国際研究グループは、「プロポリス」に、高齢者の認知機能の低下や全身性炎症を低減する効果があることを、7年間にわたる研究で突き止めた。
中国チベット高原の高齢者を対象に比較対照試験
 研究グループは、ミツバチが植物源から集めた樹脂製混合物であるプロポリスが歯周病菌の毒素による単球/マクロファージおよびミクログリアから炎症性因子産生を抑制すること、酸化ストレスによる神経細胞障害を保護することを、これまでの研究で確かめている。

 今回の研究では、中国チベット高原(海抜2,300メートル以上)に住む健常な高齢者を対象に、プロポリスの認知機能ならびに全身性炎症への効果の検証を実施した。高齢者の認知機能は低酸素の環境に住んでいると著しく低下するため、こうした環境に住む高齢者を対象に選んだ。

 研究グループは、60人の参加者(平均72.8歳)をいずれも経口投与で、プロポリスを摂取する群(0.83g、n=30)と、プラセボを摂取する群(n=30)の2群に分け、MMSE(Mini Mental State Examination)を用いて認識機能を、血清中のIL-1βやTGFβ1などの因子を用いて全身性炎症を評価した。

 その結果、プロポリス投与群では、プラセボ群と比較して、MMSEスコアを有意に改善し、血清中IL-1βおよびIL-6の量は有意に低下し、TGFβ1の量は有意に上昇した。さらにMMSEスコアは、IL-1βの減少および血清中のTGFβ1の増加と相関した。

 一方で、プラセボを服用した高齢者は24ヵ月で認識機能が低下し、血清中IL-1βおよびIL-6の量は有意に上昇し、TGFβ1の量は有意に低下した。
「プロポリス」の認知症の予防効果は期待できる
 今回の研究により、アジア系高齢者における全身性炎症の悪化に伴い認識機能が低下すること、12ヵ月以上のプロポリスの摂取が全身性炎症を低下させるとともに認知の低下を防ぐ可能性が示された。

 この研究は、九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループと、中国・青海省人民病院の朱愛琴教授、呉世政教授との共同研究によるもので、国際学術誌「Journal of Alzheimer's disease」オンライン版に発表された。

 「継続が力になり、7年間にわたる天然物質であるプロポリスを用いた細胞レベルの研究成果がヒトで実証された。持続的なプロポリスの摂取も認知症の予防に期待できそうだ」と、武洲准教授は述べている。
九州大学大学院歯学研究院
Brazilian Green Propolis Prevents Cognitive Decline into Mild Cognitive Impairment in Elderly People Living at High Altitude(Journal of Alzheimer's Disease 2018年4月4日)
(mhlab)  
© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋" 2018.05.02
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明 2018.04.27
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
ご存知ですか?「紫外線」 紫外線に打ち勝つ4つの方法 2018.04.12
体重増加の犯人は果物や野菜のジュースかも 毎日飲み続けるとどうなる? 2018.04.05
女性の「痩せ」志向は不健康 スポーツを通じて女性の活躍を促進 2018.04.05
「大災害を生き抜くための食事学」 震災後に求められる備蓄食11の条件 2018.03.07
経産省が東証と「健康経営銘柄2018」を選定〜健康経営に優れた企業を投資家に紹介!  2018.03.07
【健やか21】 自殺対策強化月間の特別企画ページ開設(厚生労働省) 2018.03.07
働く女性が悩まされる「首こり」 春から初夏にリスクが増加 2018.03.07
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善 2018.02.15
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意 2018.02.15
いま知っておきたい「花粉症」対策 治療の基本を知って乗り切ろう 2018.02.15
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用 2018.02.02
高齢者独居が4人に1人に 進む未婚・少子化 日本の世帯数の将来推計 2018.02.02
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ〜東京都福祉保健局 2018.01.17
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整 2018.01.17
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる 2018.01.17
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起 2017.12.21
加熱式たばこも血管には有害 血管内皮機能が低下 「iQOS」で実験 2017.12.21
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都) 2017.12.14
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる 2017.12.01
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討 2017.12.01
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.12.01
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査 2017.11.24
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」 2017.11.24
朝食を食べないと動脈硬化のリスクが2倍に上昇 朝食は大切な食事 2017.11.02
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書 2017.11.02
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
10月8日は、糖をはかる日
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら