ウォーキングが脳を若々しく保つ 活発な運動が認知症の予防に効果的 2016.04.20
教育・保育施設における事故防止と事故発生時の対応ガイドラインを通知 2016.04.14
自宅で最期を迎えるがん患者 がん患者の「生存期間」「ケアの質」に差 2016.04.14
高齢者ではメタボより「低栄養」が介護や死をまねく 認知症やロコモも 2016.04.14
【健やか親子21】待機児童解消に向けて緊急的に対応する施策まとめ等 2016.04.08
ウォーキングと腹式呼吸でうつ病を克服 2ヵ月のトレーニングで効果 2016.04.07
ヒトパピローマウイルス感染症予防接種後の相談窓口一覧を公表 2016.04.07
大豆は世界でも注目の健康食品 日本食が良い理由は「大豆を食べるから」 2016.04.07
【連載更新】 乳がんのあとの治療 乳房再建は当たり前の時代に? 2016.04.04
あなたの“ぼっち”レベルは?(全国生活習慣病予防月間2016年) 2016.04.01
【母子保健】病児・夜間保育、ベビーホテル等の利用実態など 2016.03.31
「食事バランスガイド」により脳卒中リスクが低下 日本人8万人を調査 2016.03.30
温州ミカンの「β-クリプトキサンチン」が生活習慣病の予防に有用 2016.03.30
男性の骨粗しょう症を予防 ウォーキングや筋トレが骨を強くする 2016.03.30
治療と最前線のQOLを考える【乳がん治療と乳房再建の情報ファイル】がオープン 2016.03.29
子宮頸がんワクチン副反応の原因を究明 8割が同じ白血球の型 2016.03.23
【母子保健】自殺対策強化月間 Yahoo! JAPAN PR特別企画サイト他 2016.03.23
アルツハイマー病で失われた記憶は取り戻せる 神経細胞を刺激 2016.03.23
悪玉コレステロールの知識が足りない 自分の検査値を知らない人が8割 2016.03.23
メタボリックシンドロームが認知症リスクを上昇 若いうちから対策を 2016.03.16
食塩目標量を知っている主婦は3.4% 7割以上が「減塩に関心あり」 2016.03.16
女性の健康の支援が置き去りに 働く女性の病気で年間6兆円の損失 2016.03.16
心筋梗塞や脳卒中の予防に効果的な労働時間 時短でリスクは低下? 2016.03.16
ゆっくり吸収されるカロリーで最強を目指す スローカロリー研究会 2016.03.11
7割超の事業所で長時間労働や健康障害防止の未実施 厚労省調査 2016.03.09
【母子保健】「学校事故対応に関する調査研究」有識者会議など 2016.03.09
緑内障の最新情報 9割の人が緑内障に気付いていない 定期検診が必要 2016.03.09
高齢者が安全に入浴できる目安 最低血圧100以上だと事故が14倍に 2016.03.09
「健康寿命をのばそう!アワード」母子保健の受賞事例紹介冊子が完成 2016.03.02
ドクターインタビューなど新コンテンツを追加 〜健やか親子21公式HP 2016.03.01
Copyright ©1998-2012 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
あなたの年代の
“平均余命”
知っていますか??
 30代    40代    50代
 60代    70代
あなたのお住まいの
地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
第11回 読み書き「難読漢字・花偏」
難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

脚のしびれ、坐骨神経痛を解消するセルフマッサージ
(1)外すねの両手引き・・・両手を揃えて外すねに指を引っ掛けるように握り、手前側に強く引きます。(2012/11/21)

花粉の飛散ピーク時期を知って、かしこく対策
今年も花粉の季節がやってきました。昨年の今頃は、例年に比べ非常に多く花粉が飛散したこともあり、花粉症に悩まされた・・・

認定NPO法人 日本グッド・トイ委員会
おもちゃを通しての社会貢献活動を実施しています。(2012/ 11/ 8)

第12回 荷物はいつも利き腕
いつも決まったほうの腕で荷物を持っていると、自然にからだがゆがんできます。からだのゆがみは、肩、腰、膝の痛みの・・・

たばこの性差
たばこが健康を蝕むことは周知の事実ですが、そのことにどれだけの深刻さを感じているかは人それぞれです。たばこを・・・

ウイルス肝炎と医療費補助
我が国の肝炎撲滅のための研究や対策は、迅速に目覚ましい成果を挙げて劇的に感染を減らした一方・・・(2012/12/19)