日本生活習慣病予防協会
カルシウムのサプリメントが女性の体重増加を抑制
2006.07.01
海外の研究から

 カルシウムには骨の形成だけでなく、体重を低下させる効果の可能性があるという研究結果が発表された。シアトル州のフレッド・ハッチンソン癌研究センターの研究グループによるもので、女性がカルシウムのサプリメント(栄養補助食品)を利用すると、体重コントロールに効果があるという。

 この研究は、米国栄養士会発行の「Journal of the American Dietetic Association」7月号に掲載された。研究グループは、2000年から2002年の間に募集された53歳から57歳の1万591人の男女を対象に、食事、サプリメントによるそれぞれのカルシウム摂取量、総摂取量を調査・分析し、体重の増減と比較した。

 その結果、食事によるカルシウム摂取のみでは、10年間に体重変化に有意な影響はみられなかったが、サプリメントで1日500mg以上を摂取していた女性では、摂取していない女性の体重増加が6.9kgだったのに対し5.1kgに留まり、体重減少の傾向がみられたという。

 カルシウムのサプリメントが体重減少に効果があると判断するには、さらなる臨床試験による裏付けが必要だが、骨粗鬆症の予防など観点からカルシウムのサプリメントを摂取することが、体重維持にも良い効果をもたらす可能性が示唆されたといえる。

Journal of the American Dietetic Association, Volume 106, Issue 7, 1066-1073, 2006.

米国栄養士会発行の「Journal of the American Dietetic Association」のサイトへ(英文・要約)
(TERA)  
  最新ニュース

Copyright ©2007-2010 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
この記事は治療のための医療情報ではありません。治療や療養について
詳しくはかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。