日本生活習慣病予防協会
糖尿病・高血圧・高脂血症は、定期的に受診して
2008.02.21
 糖尿病、高血圧症、高脂血症(脂質異常症)の3つが重なる人では虚血性心疾患の発症率が高く、定期的に受診しなかった場合は4人に1人が発症する――。
 健保組合向けにデータベース構築や解析などを手がける日本医療データセンターが2万3,886人のレセプトデータを解析した結果、虚血性心疾患と生活習慣病には密接な関連があることが確かめられた。
高血圧症が深く関与
 虚血性心疾患は、心臓の筋肉を養う「冠動脈」に閉塞や狭窄が起こり、心臓が障害される病気の総称。冠動脈疾患とも呼ばれ、狭心症と心筋梗塞はこれに該当する。

 調査は、同社が契約する健康保険組合のレセプトデータから、糖尿病、高血圧症、高脂血症のいずれかを診断された30〜59歳の患者2万3,886人のデータから虚血性心疾患の発症率を解析したもの。

 発症率がもっとも高かったのは「糖尿病、高血圧症、高脂血症」の3つを併発している場合で11.8%、次いで「高血圧症と高脂血症」(10.6%)、「高血圧症と糖尿病」(9.9%)と続いた。いずれも高血圧症が深く関係している傾向が示された。

定期的に受診した人では発症率を7.0%に抑制
 それぞれの病気の診療を開始した時期などを比較したところ、定期的に病院で受診しながら徐々にこれらの病気を併発した場合では、虚血性心疾患の発症率は7.0%にとどまった。

 しかし、発見が遅れ3疾患を同時に診断されたのが病院受診時だった場合には、25.3%が虚血性心疾患を発症しており、心疾患と診断されるまでの平均期間も半年と短いことがあきらかになった。

 同社は「生活習慣の乱れが深く関与する糖尿病・高血圧症・高脂血症は、治療を先延ばしにするほどメタボリックシンドロームとして互いに悪影響を及ぼしあい、重症化するリスクが高まります。検査で基準値を一つでも超えてしまった人は、日ごろの食生活を見直すなど早めの対策が必要です」としている。

(株)日本医療データセンター

(TERA)  
  最新ニュース

Copyright ©2007-2010 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
この記事は治療のための医療情報ではありません。治療や療養について
詳しくはかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。