日本生活習慣病予防協会
新しい「米国人のための運動ガイドライン」を発表
2008.10.27
 成人は週150分程度の有酸素運動を、子供は1日1時間以上の運動を行うことで、運動の恩恵を得ることができる――米国政府は新しい「米国人のための運動ガイドライン(Physical Activity Guidelines for Americans)」を10月7日に発表した。


米国人のための運動ガイドライン
 新しいガイドラインでは、習慣的な運動(Physical Activity)が、冠状動脈性心疾患、脳卒中、高血圧、2型糖尿病、結腸がん、乳がん、うつ病などによる早期死亡のリスクを軽減することを強調している。運動することで高齢者では、思考能力や日常生活で必要とされる活動能力を高めることができ、子供や若者では、骨の健康、心肺機能、筋力を向上することができる。

 米国保健社会福祉省(HHS)のマイク レビット長官は「全年齢層の米国人にとって運動は健康を維持向上させるために重要」として、「長期にわたる習慣的な運動は恩恵をもたらし多くの病気の予防につながることが、最新の科学的エビデンス(証拠)に示されている。積極的に運動するほど運動の恩恵は多くなる」と話している。

成人
 中強度の有酸素運動を週に2.5時間、強度の高い運動を75分行う。中強度の有酸素運動の例として速歩、水中エアロビクス、社交ダンス、ガーデニングなどを、強度の高い有酸素運動として競歩、縄跳び、ハイキングなどが勧められる。中強度の有酸素運動を週5時間、強度の高い運動を週2.5時間に増やすと、運動の効果はさらに高くなる。また、ウェイトトレーニング、プッシュアップ、腹筋、ガーデニングといった筋肉を強くするレジスタンス運動も週2日以上とりいれると良い。

子供や若者
 中強度以上の運動を1日1時間以上行い、週3日以上は強度の高い運動を行うことを勧めている。中強度の有酸素運動としてハイキング、スケートボード、自転車こぎ、速歩などを挙げている。サッカー、バスケットボール、アイスホッケーなどのスポーツも推奨。

高齢者
 高齢で慢性疾患にある人では治療ガイドラインに沿って、医師の助言を受けながら運動能力や条件に応じて積極的に運動することを勧めている。転倒の危険がある場合はバランスを維持するための運動をすると良い。

2008米国人のための身体活動ガイドライン

(TERA)  
  最新ニュース

Copyright ©2007-2010 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
この記事は治療のための医療情報ではありません。治療や療養について
詳しくはかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。