大腸がんの調査・統計
全死因トップのがんのうち「大腸がん」による死亡は1万4,198人 厚生労働省「平成22年 人口動態統計(確定数)の概況」より
 大腸がんの調査・統計 一覧へ
 最新トピックスはこちら

2011年09月09日
 厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成22年1年間の死亡数のうちトップは悪性新生物(いわゆる‘がん’)で死亡者数35万3,499人で総死亡数の29.5パーセントを占めています。このうち大腸がん(結腸がんと直腸S状結移行部および直腸のがんの合計)は1万4,198人。性別では、男性は8,974人、女性は5,224人でした。

 なお、‘がん’で死亡した人数を性別に見ると、男性は21万1,435人で全死因の33.4パーセント、女性は14万2,064人で25.2パーセントでした。依然として、がんによる死亡は男性に多い傾向があります。

●詳しくは、厚生労働省のホームページへ
トップページ「平成22年 人口動態統計(確定数)の概況」詳細ページ

タニタ 大正製薬
保健指導リソースガイドへ
保健指導求人情報