ウォーキングの歩数が「1万歩」から「5000歩」に減ると血管に悪影響が
2015年2月23日 17:02
 「1日1万歩」のウォーキングを続けることで、血管の状態が良くなり、動脈硬化を予防できることが米国のミズーリ大学医学部の研究で明らかになった。ただし、ウォーキングを5日間休んでいると、血管内皮機能が低下し、脚は不健康な状態になるという。
「1日1万歩」のウォーキングが血管を改善
 米ミズーリ大学医学部の研究で、「1日1万歩」のウォーキングを続けると、血管内皮機能が改善し、動脈硬化の予防につながることが分かった。ただし、ウォーキングを5日間休んで、1日5,000歩しか歩かないでいると、血管の状態は明らかに低下することも示された。

 「血管内皮」は全身をめぐる血管の最内層にあり、血管の健康状態を維持するのに非常に重要な役割を果たしている。血管内皮機能が低下した状態が続くと、動脈硬化が起こりやすくなり、さらにはプラーク(粥腫)がたまりやすくなる。放置しておくと、脳卒中や心筋梗塞などを発症する危険性が高まる。

 血管内皮の機能が低下する原因は、高血圧や糖尿病、脂質異常症、肥満、メタボリックシンドロームなどだ。この血管内皮機能の低下を早期に発見し、その機能を高める対策をすることが、動脈硬化の予防につながる。初期の段階で生活習慣を改善し治療すると、正常な状態に戻すことができることがさまざまな研究で確かめられている。

 研究チームは、毎日1万歩以上のウォーキングを続けているミズーリ大学の学生を対象に実験を行った。歩数が5,000歩以下に低下した場合に、血管にどのような影響があらわれるかを調べた。

 その結果、歩数の低下が5日続いただけで、脚の血管内皮細胞機能が有意に低下することが明らかになった。また、ウォーキングを5日間休むと起こる血管機能の不全は、1万歩以上のウォーキングを1日以上行わないと回復しなかった。

「1日1万歩」を実行するためのアドバイス
 「運動不足が健康に悪い影響をもたらします。運動不足を解消し、ウォーキングを毎日続ければ、あなたの寿命を延ばすことができます。今回の実験では、ウォーキングを5日間それをサボっただけでも脚の血管内皮機能が損なわれ、それを元に戻すために時間がかかることが分かりました」、とミズーリ大学医学部のポール フェデル准教授は言う。

 「運動不足が原因となり、体重が増え肥満になりやすくなります。肥満から引き起こされるのは、血糖を下げるインスリンの効きが悪くなる"インスリン抵抗性"と2型糖尿病です。心筋梗塞や脳卒中も起こりやすくなります。しかし、効果的な対処法が明らかになっています。それは適度な運動を続けることです」と、フェデル准教授は説明する。

 米国の健康ガイドラインでは1日1万歩以上のウォーキングが推奨されているが、平均的な歩数は6,000歩にとどまっているという。「今回の研究で分かったのは、もしあなたが1日中座ったまま生活を続けていて、それが健康に悪影響をもたらすと知らないでいたら、生活習慣病のリスクが上昇するということです」としている。

 オーストラリアのモナッシュ大学は、大学の職員や学生を対象に「1万歩を歩こうキャンペーン」を展開している。「1日1万歩」を実行するために、次のことをアドバイスしている。

「1日1万歩」を達成するためのアドバイス

● 1日30分歩けば「1日1万歩」を達成できる
 10分のウォーキングを行えば、平均的に1,000歩を増やすことができる。運動を習慣として行っていない人の1日の歩数の平均は6,000〜7,000歩程度。30分を多く歩けば「1日1万歩」は達成可能だ。

● 日常で工夫すれば歩数を徐々に増やせる
 これまでウォーキングをしてこなかった人が、いきなり1万歩の目標を達成するのは難しい。ウォーキングの時間を徐々に増やしていけば、やがて目標を達成できるようになる。最初は「エレベータやエスカレーターではなく階段を使う」「1つ前の駅やバス停で降りて、歩くようにする。慣れてくれば2つ前で降りるようにする」といった日常生活で工夫を重ねれば歩数を増やせる。

● 歩数計を持ち歩く
 歩数計を持ち歩き歩数の記録をすることが、ウォーキングに対する動機付けになることが過去の研究で確かめられている。最近の歩数計は、ウォーキング以外の身体活動を記録したり、小型の腕時計タイプのものも出ており、値段も安くなっている。インターネットに接続し、歩数の記録を保存できるサービスもある。これらの商品やサービスを上手に活用することが、歩数の増加につながる。

● 音楽プレーヤーを活用する
 ウォーキングの時間を退屈に感じている人は、携帯できる音楽プレーヤーやスマートフォンを活用して、音楽やラジオ、ポッドキャストなどを聞けば、飽きることなくウォーキングを続けられる。ウォーキングの最中にスマートフォンで目に付いた風景を写真を撮る趣味をもち運動を続けている人もいる。

● ウォーキングの仲間をつくる
 健康増進のためのウォーキングの取り組んでいる人はたくさんいる。ウォーキングの仲間をつくり、会話をしながら歩いたり、ウォーキングの後で歩数をレポートすると、飽きることなく続けられ励みにもなる。インターネットではウォーキング関連のフェイスブックなどがたくさんあるので、利用するのもひとつの方法だ。

● 不安のある人は医師に相談
 脚や関節に不安をもっている場合は、医師に相談すれば安全のウォーキングのやり方を教えてくれる。健康のコンディションに不安のある人でも、注意事項を守ればウォーキングは可能だ。

Researchers Find Significant Link to Daily Activity, Vascular Health(ミズーリ大学医学部 2014年12月30日)
10,000 Steps Challenge(モナッシュ大学 2015年1月8日)

© 2014 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護 2018.10.03
サッカーで糖尿病を予防 サッカーは骨を丈夫にできる最適な運動 2018.10.02
加齢や健康について周囲に話せるシニアは「幸せ度」が高い 意識調査 2018.10.02
乳がんの新たな検査法を開発 マンモグラフィーの欠点を克服 神戸大 2018.10.02
【9/10〜9/16は自殺予防週間】SNS(LINE・チャット)相談できます! 2018.09.13
「ミドリムシ」の成分が血糖値の上昇を抑制 期待できる健康効果 2018.09.13
糖尿病患者さんに向けて「血糖トレンド」啓発キャンペーンを始動 2018.09.06
「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか? 2018.08.30
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催 2018.08.30
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作 2018.08.30
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要 2018.08.24
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に 2018.08.07
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く 2018.08.07
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半 2018.07.20
【健やか21】避難所生活で健康に過ごすための注意点(厚労省) 2018.07.20
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護 2018.07.20
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール 2018.07.17
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に 2018.07.17
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を 2018.07.17
「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響 2018.06.28
作りおきに「食中毒」リスク 冷蔵庫保管でも「においで判断」はNG 2018.06.28
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる 2018.06.06
「ミドリムシ」からメタボを改善する成分 「痩せるホルモン」を促進 2018.06.06
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化 2018.05.02
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を 2018.05.02
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋" 2018.05.02
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明 2018.04.27
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します! 2018.04.27
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差 2018.04.26
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」 2018.04.19
Copyright ©1998-2013 Soshinsha.
掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
日本臨床内科医会プロジェクト
大人の健康生活ガイド facebook
更新情報配信中!
あなたの年代の“平均余命”
知っていますか??
お住まいの地域の「健康リスク」
“死因別死亡率”
病気別ガイド - 原因・症状・対策 -
あなたの脳は大丈夫?

第11回 読み書き「難読漢字・花偏」

難読漢字の読みに挑戦する問題です。何故そのような漢字になったのか調べてみるのも脳の活性化につながります。(2013/2/20)

 続きはこちら